<【webセミナーのご案内①】内視鏡業界×時流予測セミナー>

2020年07月20日 (月)

科目:
内科
コラムテーマ:
業界動向

平素より、大変お世話になっております。
株式会社船井総合研究所の宮川でございます。

今回のメルマガでは、2020年8月30日(日)・9月2日(水)・9月3日(木)に開催予定の<内視鏡業界×時流予測セミナー>のご案内をさせていただきます。
なお、本セミナーにおける参加費は完全無料であり、内視鏡業界初の時流予測セミナーです。

突然ですが、皆様は現在の内視鏡領域の<時流>について正確に把握をされていますでしょうか。
新型コロナウイルスの影響もあり、内視鏡領域、ひいては医療業界全体が過去にないスピードで大きく変化しております。
このような変化が激しい状況下においては、その<時流>を正確に捉えた経営戦略を展開していく必要があります。
本セミナーでは、この<時流>に焦点を当てて今後の内視鏡クリニックのあるべき姿について解説を行います。

【このような方はぜひご参加下さい】
■内視鏡業界の時流を知りたい方
■内視鏡クリニック院長に求められる経営戦略を知りたい方
■afterコロナで求められる内視鏡集患方法を知りたい方
■内視鏡クリニックの経営状況が危機的な方

【本セミナーの内容】
POINT①<内視鏡業界の時流>
POINT②<新しい内視鏡集患ノウハウ>
POINT③<医療業界のIT化事例>

【POINT①<内視鏡業界の時流>のセミナー内容を一部ご紹介致します】
Ⅰ.新型コロナウイルスによる内視鏡業界への影響
医療業界に大きな影響を与え、現在も猛威を振るい続けている新型コロナウイルスですが、第二波・第三波の流行も十分に考えられます。第一波がもたらした影響から、今後の内視鏡クリニックのあるべき姿を紐解きます。

Ⅱ.縮小する健康診断市場における今後の立ち回り
技術革新により、血液検査や尿検査でも癌の発見が可能になりました。新型コロナウイルスの影響もあり、健康診断事業は予測が不安定な領域と言えるでしょう。そんな中、内視鏡検査の役割はどうなっていくのかを解説します。

Ⅲ.内視鏡AIの発達に伴い求められる差別化要素
現実的な内視鏡AIの開発により、AIによる早期癌の高精度な発見が可能となる時代が到来しようとしています。これは医師の実力、つまり<見逃し率>による差別化要素が無くなることは意味します。では、新しく求められる差別化要素とは何なのか。船井総研が蓄積したノウハウをご紹介します。

・・・etc

※次号の<【webセミナーのご案内②】内視鏡業界×時流予測セミナー>メルマガでは、POINT②<新しい内視鏡集患ノウハウ>の内容を一部ご紹介させていただきますので、そちらもぜひご覧下さい。

【費用】
・完全無料

【開催日時】
2020年8月30日(日)14:00~15:00
2020年9月2日(水)17:00~18:00
2020年9月3日(木)17:00~18:00

【受講にあたり必要なもの】
①インターネット環境
②パソコン
②イヤホン

▼お申し込みはこちらから▼
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/063054/

本セミナーでは内視鏡業界の時流を紐解きながら、<今本当に必要な情報>と<行うべき対策>を丁寧にご説明させていただきます。
現在の経営に少しでも不安のある方や、より自院を発展させたいとお考えの方は、ぜひご参加いただけますと幸甚でございます。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。
先生方皆様のご参加を心よりお待ちしております。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

宮川 祐樹

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る