コロナ後、減少した患者数を早期回復させるために

2020年07月10日 (金)

科目:
内科
コラムテーマ:
集患・ホームページ活用 コロナ対策

いつもめでぃまがをお読みいただきましてありがとうございます。
また新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、患者数、医業収入が減少した先生も多いのではないでしょうか。
緊急事態宣言の解除後、地域にもよりますが5月後半から6月にかけて徐々に患者数の回復傾向が見られているものの、いまだに影響を感じる場面も多くあります。

また第2波がいつ来てもおかしくないような現状で、今後も安定してクリニックを存続させていくためには“集患力の強化”がとても大切です。

そこで今回、“集患力を強化”し、患者数を回復させるための対策手法をお届けするセミナーを開催させていただきます。
ご参加は無料、またオンライン配信のため、PCやタブレットがあれば、ご自宅にいても簡単にご受講いただけます。

 

<無料WEB開催/内科クリニック向け患者数回復対策セミナーのご案内>
2020年7月26日(日)13:00~14:00
2020年8月2日(日)13:00~14:00
セミナーの詳細、参加申込みはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/063584

【このような先生は、ぜひご参加ください!】

  • 新型コロナウイルス感染症によって減少した患者数を回復させたい院長先生
  • 第2波が来ても医業収入が減少しにくい経営体制を創りたい院長先生
  • 集患力を強化するための具体的な施策を知りたいという院長先生
  • 風邪などの急性疾患比率が高くいつも診療がバタバタするという院長先生
  • 糖尿病やSASなどの特定疾患に絞った広報体制強化を行いたい院長先生

今回のセミナーでは、減少した患者数を回復させるための具体的、かつ効率的な対策を、即実践可能な取り組みにまで落とし込み、お伝えさせていただきます。
先生のご参加をお待ちしております!

<無料WEB開催/内科クリニック向け患者数回復対策セミナーのご案内>
2020年7月26日(日)13:00~14:00
2020年8月2日(日)13:00~14:00
セミナーの詳細、参加申込みはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/063584

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

川本 浩史

プロフィール詳細

大手製薬・医療機器メーカーのMRを経て船井総合研究所に入社。
船井総合研究所に入社後は心療内科・内科診療所を中心にコンサルティング業務にあたっている。
前職では大学病院での消化器手術から療養病棟の輸液・栄養管理に至るまでそれぞれの臨床現場に入り込み、医療従事者と共に『より良い医療の提供』を実現するために邁進してきた。
臨床に近い現場で医師と対話を重ねてきた前職の経験を活かし、机上の空論とならず臨床現場に即したエビデンスのある実行策を提案している。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×