皮膚科クリニックでLINE@を最大限有効活用させるポイント

2018年09月30日 (日)

科目:
皮膚科
コラムテーマ:
IT活用

こんにちは。
船井総合研究所の村越です。

今回のコラムでは、
「皮膚科クリニックでLINE@を最大限有効活用させるポイント」
と題して、お送りします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今回の内容
1.LINE@の有料プランについて
2.LINE@リッチメニュー・メッセージの効果的な活用方法
3.使い分け方法と実際の活用事例
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.LINE@の有料プランについて

LINE@は無料で開始できますが、
一部機能に制限があるので、より活用したい場合は
有料プランがオススメです。

●有料プランでできること
・5,000人までなら無制限に配信可能
→無料プランは月1,000通(登録人数×吹き出し数)の配信数制限があります。
・リッチメニュー・リッチメッセージなどの訴求性が高い機能が使用可能。
・登録者の性別・年齢・地域を絞って配信可能(プロプランのみ)

無料プランの場合月1,000通の制限が付きます。
1通のカウント方法は、友達数×吹きだしの数で決まります。

例えば、300人友達に向けて画像とメッセージを同時に配信した場合
300人×メッセージ+画像(2吹出し)=600通とカウントされるので
1ヶ月に数回しか配信することができません。
従ってまずは、配信数の制限が解除される
ベーシックプラン(月5,400円)の導入がオススメです。

2.LINE@リッチメニュー・メッセージの効果的な活用方法

有料プランで使用できる機能の中で
リッチメニュー・リッチメッセージという機能があります。

まずはお手元のスマホで
有名な美容皮膚科・美容外科のLINEアカウントに登録
してみてください。

トーク画面が全く違うことに気づくかと思います。
それぞれの機能と大まかな特徴をご紹介します。

●リッチメッセージとリッチメニューの違い
リッチメッセージ:
トーク画面いっぱいに表示される画像メッセージ。
タップするとHPやクーポンにリンクできる。
リッチメニュー:
トーク画面下部にせりあがって表示される。
タップするとHPや画像・動画などを表示できる。

●大まかな特徴
リッチメッセージ:
・表示面積が大きく、自由にビジュアルを設定可能なので印象に残る。
・HPに飛ばすことで、興味がある方にはより詳細な情報を届けられる。

リッチメニュー:
・トーク画面を開くと自動的に表示されるので、見逃しが少ない。
・HP、画像、動画など、タップした方により詳細な情報を届けられる。

3.使い分け方法と実際の活用事例

有名な美容皮膚科は必ずと言っていいほど、
両方の特徴をとらえて、上手に使い分けています。

通常クリニック側としては、
友達登録をしていただいた患者様に対して、
受診や美容施術を促せるようなメッセージ
を可能な限り配信したいと考えがちです。

しかし売りこみのメッセージが頻繁に届くと、
患者さんに嫌がられやすい傾向にあります。

そのため、
リッチメニューに見てほしいページのリンクを設置し、
休診情報など患者さんに嫌がられにくい情報を
定期的に発信する“ついで”に患者さんに見てもらう。

より、反響率を高めたい場合に
リッチメッセージにて配信するということをオススメします。

実際に反響があった設定方法や、リッチメニューを応用した
友達の増加方法など知りたい先生は、
別途船井総研までお問合せください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
次回の配信をお待ちください。

【成功事例多数!無料小冊子をプレゼント】

国内最大の経営コンサルティング会社、
船井総合研究所には300を越える病院・クリニックとのお付き合いがあり、
多種多様な悩みに対する『 答え 』を持っています。
今回公開を踏み切った資料は、
一般的な出版されている本とは違い
『 成功している病院・クリニックの濃厚なエッセンスだけ 』
を抽出した門外不出の資料です。
月に20万円以上の費用がかかるトップコンサルタントが直々に執筆した経営冊子を、
無料でダウンロードできるチャンスは今だけです。

ダウンロードはこちらから▼
https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/booklets_download/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

村越 健太

プロフィール詳細

大手医薬品卸の営業を経て、船井総合研究所に入社。入社後は皮膚科専門の診療所経営コンサルティングを行っている。
元医薬品卸の営業として100軒以上のクリニックの医師・看護師・医療事務と共に仕事をしてきた経験から、患者満足度を上げるためには、治療効果だけではなく、スタッフにも患者満足度を意識させるマネジメントの必要性を確信。
実際の現場からしかわからない課題を発見し、解決方法の提案を現場に落とし込む“現場第一主義”のコンサルティングスタイルを貫いている。
一貫して “地域の患者から選ばれる医院づくり”をメインテーマとして掲げ、スタッフマネジメント、集患対策、患者満足度対策、スタッフ採用支援を行ってきた経験を持つ。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート