【医療】看護師採用がやっぱりキモ

2014年02月17日 (月)

科目:
皮膚科
コラムテーマ:
採用

皆さん
こんにちは。

今日は眼科の医院で新たに美容医療に着手される医院さんへ。

皮膚科に限らず、美容医療を上手く立ち上げるのに重要なのが
「専任スタッフ」を先行投資的に雇用できるかどうか。

看護師の採用自体が難しい、という点もありますが、
その前に、「採用しようとする」こと自体にハードルがあることが多いです。

保険診療をまわしつつ、美容医療も・・・
というのは、スタッフさんにとっても力が分散されて、
働きづらくなってくるし、結局美容に力を入れられず、、
という状態になってしまいます。

なので、今日の結論:
美容医療など新規の分野には、「専任」で任せられるスタッフをつけよう

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

上藤 英資

入社以来、診療所のコンサルティングに従事。現在は整形外科を専門にコンサルティングを行っている。整形外科の集患強化・スタッフマネジメント・採用教育支援を行う。近年は整形外科が取り組む介護事業(デイケア、デイサービス、訪問リハ、居宅介護支援事業所など)の立ち上げ、活性化支援も手がける。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート