「船井総研の差別化の8要素」~美容皮膚科・皮膚科の経営コラム~

2021年09月01日 (水)

科目:
皮膚科
コラムテーマ:
経営計画

┏━┳━┳━┳━┓ 
┃医┃療┃経┃営┃
┗━┻━┻━┻━┛

いつも大変お世話になっております。
船井総合研究所の白須 在(しらす ある)です。

今回は「船井総研の差別化の8要素」と題してお送りします。

船井総研では、他社と自社との差別化を図る際に差別化の8要素という考え方を使用いたします。船井総研の差別化の8要素とは以下の項目です。
1.立地
2.規模
3.ストアロイヤリティ
4.商品力
5.販促力
6.接客力
7.価格力
8.固定客化力

この8要素は数字の順に重要度を示していると共に、数字が小さいほどすぐには変えづらい項目になっております。船井総研では、1~3を戦略的差別化要素と言い、拠点展開時などに重視しておくべき要素であり、すぐには変えられない要素となります。一方で4~8は戦術的差別化要素と言い、出店後の企業努力で変えられる要素となります。

美容皮膚科における差別化方法は以下の通りです。
・立地(診療圏人口)
・規模(ベッド数)
・ストアロイヤリティ(紹介数・口コミ)
・商品力(治療可能メニュー、治療技術)
・価格力(1回あたり価格、コース価格)
・接遇力(医療事務、看護師、医師の接客力)
・販促力(広告出稿数、ホームページ)
・固定客化力(継続率、キャンセル率)

夏の繁忙期が終わる今が、来年に向けての戦略を考える絶好の機会です。
自院がこの差別化の8要素でどこが強みか?どこが弱みか?を洗い出し、自社と競合とを一覧化する事により、改めて自院の強みを明確化してみてください。そして、その強みを販促、診療、カウンセリングの中で訴求する事により、更なる集患、単価UPを目指しましょう。

院長はプレイングマネージャーとして日々、お忙しくされており、経営者との2足のわらじは本当にご苦労をされていると思います。1人で考える時間が取れない…1人で考えても今後の戦略が合っているか不安だ…コンサルタントに出来れば伴走して欲しい…そんな方はぜひ一度お気軽にご相談ください。

【毎月3医院様限定!無料経営相談のご案内】

下記のようなお悩みをお持ちの先生はいらっしゃいませんか?
□スタッフをもっとうまく活用したい
□患者さんを多く集めたい
□患者さんの待ち時間をもっと短くしたい
□スタッフの残業時間を減らしたい
□自費治療(美容医療)に参入してみたい
□美容医療をもっと活性化したい

毎月3医院様限定で、
皮膚科専門のコンサルタントによる無料経営相談を承っています。

<無料経営相談>
更に詳細の情報をお求めの場合や、ご不明点・ご相談事項などございましたら、下記URLより無料経営相談窓口をご利用ください。
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/byoin-clinic-keiei/inquiry-form.html

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート