「スタッフさんが気にする院長のガッカリ言動」~美容皮膚科・皮膚科の経営コラム~

2021年08月10日 (火)

科目:
皮膚科
コラムテーマ:
スタッフ定着率

いつも大変お世話になっております。
船井総合研究所の白須 在(しらす ある)です。
今回は「スタッフさんが気にする院長のガッカリ言動」と題してお送りします。

皆さんが思われている以上に、スタッフは経営者の一挙手一投足を見ています。よって、経営者は常にスタッフから見られている意識を持たなければいけません。常に模範となる行動を演じなければいけません。経営者の中でも、ドクターは本当に大変だと思います。なぜなら、プレイングマネージャーとして表では患者様に、裏ではスタッフに常に見られている状態だからです。それでも常に模範となる行動を演じなければいけません。

特にクリニックで働く女性は医院への誇り、院長先生への尊敬をクリニックで働き続ける際に重要視をしていることがこれまでの数多くの看護師、医療事務の方との面談から浮き彫りとなっております。要は院長としてもそうですが、『人として尊敬されること』が大切です。

例えば、挨拶です。朝一番にスタッフに元気よく、目を見て挨拶はしていますでしょうか?挨拶という漢字は、『挨=開く』『拶=迫る』という意味を持ち合わせております。スタッフから先に挨拶されて返すのは、『挨拶』ではなく『ただの返事』です。ぜひ、明日から院長から笑顔で最高の挨拶+一言添えを実践してください。朝一番はおはよう!今日もいい笑顔しているね!!

1日の終わりでは、お疲れ様!今日も患者様多かったね!ゆっくり寝てね!など職員が笑顔になる一言添えが大切です。また、取引様との昼休みなどの電話における会話内容も、スタッフは実は聴いております。取引様に対して横柄な態度を取ったりしているのを見せてしまうことで職員からの信頼を落としてしまう事はとても勿体ないことです。特に一番嫌がられるのは悪口、陰口です。

人は悪口、陰口を聴くと、私がいない所で私も言われているのではないか?と疑心暗鬼となりますので、絶対に言ってはいけません。1か月纏めて我々コンサルタントがしっかりと聴かせていただきますので、職員から常にみられている意識をもち、我慢してしっかりと演じてください。経営者が模範となる行動をしている事はスタッフからの信頼・尊敬へ繋がる第一歩です。ぜひ、明日から意識をしてください。

マーケティング、マネジメント等でお悩みの先生方は、私、白須が是非、お手伝いをさせていただければと思います。
お気軽に以下の無料経営相談をご活用ください。

【毎月3医院様限定!無料経営相談のご案内】

下記のようなお悩みをお持ちの先生はいらっしゃいませんか?
□スタッフをもっとうまく活用したい
□患者さんを多く集めたい
□患者さんの待ち時間をもっと短くしたい
□スタッフの残業時間を減らしたい
□自費治療(美容医療)に参入してみたい
□美容医療をもっと活性化したい

毎月3医院様限定で、
皮膚科専門のコンサルタントによる無料経営相談を承っています。

<無料経営相談>
更に詳細の情報をお求めの場合や、ご不明点・ご相談事項などございましたら、下記URLより無料経営相談窓口をご利用ください。
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/byoin-clinic-keiei/inquiry-form.html

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×