創業者が後継者に社長を早めに譲る意味

2015年08月06日 (木)

科目:
整形外科
コラムテーマ:
マネジメント

支援先で、後継者、事業承継の話をすることが多いので、ふと今日思ったこと。

 

■■船井幸雄が早めに社長を退いた理由

 
■それは、船井幸雄個人の会社、という位置付けではなく、長く続く会社だ、と内外に認識させるため、なんじゃないか、ということ。
 
 
■どれだけ言葉で言っても伝わらない部分があって、行動で示すことが大事。
 
 
 
社長を退く、とか、会社を変革したいならコンサルを入れる、とか。
 
 
 
■変わり続けること、永続する会社を目指し続けることとか。
 
 
 
■ある意味、トップが現場を退くのは、個人事業から企業へのステップアップの最たる例なのではないか。
 
 
ふと、そんなことを思ったのでした。
​船井幸雄の考えに合ってるかどうか分かりませんが。​

 

 
​言う​

だけじゃなく、行動、態度で

​も​

示すことが大切、なんでしょうか。

 

 
ここまでお読みいただきました方に、経営に役立つ無料マニュアル・レポートをプレゼントいたします。
 

▼整形外科に特化した経営ノウハウ無料レポートはこちらから
https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/fairing/booklets_download/report_fairing/

こちらのレポートは全て無料でダウンロードいただけます。
すぐに実践可能な内容が盛りだくさんのレポートとなっているので、是非ご参考にしてください。

同じテーマで記事を探す

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×