ほんとうに今後も安心!?緊急事態宣言解除後の数値でわかる医院の傾向②

2020年09月18日 (金)

科目:
整形外科
コラムテーマ:
集患・ホームページ活用

こんにちは。
船井総合研究所の先森仁です。

前回のメルマガ、
「ほんとうに今後も安心!?緊急事態宣言解除後の数値でわかる医院の傾向①」にて、
6~7月の業績は、

「集患対策の効果」と「クリニックの提供するサービスに対する患者満足度」

が推測されるということをお伝えいたしました。
前回のメルマガをご覧になられていない先生は、
メルマガをご確認して頂き、医院の業績数値をご準備頂ければと思います。

「集患対策」と「患者満足度」につきましては、前回のメルマガのおさらいですが、
ご説明いたしますと、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
集患対策は、特にWEBマーケティング中心の対策となります。
コロナ前は、集患に力を入れている医療機関は非常に少なく、
近所の評判、口コミ、看板などオフラインでの対策がメインでした。
しかし、外出や人との接点が減少したため、医院の検索において、
オンラインでの対策の比重が大きくなりました。

次に、クリニックの提供するサービスに対する患者満足度についてですが、
診察・受付・リハビリのどこに要因があるかは言及できませんが、
「診察で先生があまり話を聞いてくれない」
「受付の態度や接遇が良くない」
「リハビリを受けても、あまり良くならない」
など、患者さんが満足できていない要因がひとつでもあると、
患者さんが再び通院してくれる可能性は減少します。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
といったと意味合いとなります。

このような仮定のもとで、大まかなに4つのケースに分けてお話しますと、

 

①集患対策を実施した、患者さんがサービスに満足していたケース
【数値の特徴】
レセプト枚数・新患数・再初診数・のべ患者数すべてが昨年より増加(もしく昨年並み)

【傾向と対策】
集患対策が功を奏して、新患は増加し、
また、元々通院されていた患者さんも今までのサービスに満足して再来院し、
初診(新患+再初診数)が伸びている傾向にあります。
また、WEB上の良い口コミがあいまって、さらなる新患増加も見込める可能性があります。
今後は、増患による業務量増加に対応するために、
診療効率化や採用を検討する必要があるかもしれません。

 

②集患対策を実施していない、患者さんがサービスに十分満足していないケース
【数値の特徴】
レセプト枚数・新患数・再初診数・のべ患者数すべてが昨年より減少

【傾向と対策】
緊急事態宣言解除後も患者数の減少を実感されていると思います。
早急な集患対策による患者数の回復とともに、
今までのサービスの見直しも行っていく必要があります。

③集患対策を実施したが、患者さんがサービスに十分満足していないケース
【数値の特徴】
レセプト枚数・のべ患者数は昨年並み、新患数増加、再初診数減少

【傾向と対策】
集患対策を実施しているため、新患数が増えて忙しくなっているものの、
思いのほか、業績が伸びていない傾向にあります。
今までのサービスに満足していない患者さんが再来院されないため、再初診は減少し、
また、新患で来られても離脱をしている可能性もあります。
一度、診察・受付・リハビリの内容を見直し、改善点を修正する必要があります。

 

④集患対策を実施していないが、患者さんがサービスに満足していたケース
【数値の特徴】
レセプト枚数・のべ患者数・再初診数は昨年並み、新患数減少

【傾向と対策】
開業年数が長く、地域密着型の医院さんに多いケースです。
元々通院されていた患者さんが今までのサービスに満足して再来院し、
再初診数が昨年並み(6月は宣言解除直後で増加の場合あり)の傾向にあります。
しかし、集患対策を始めた医院が増え、新患が競合に流れ、
新患数は明確に減少している傾向にあります。
きちんとしたサービスを提供すれば、患者さんは来てくれると思われるかもしれませんが、
認知されないことには患者数は増加せず、業績も下降していくことが予想されるため
集患対策を開始することをおススメいたします。

 

以上のように、4つのケースについて説明いたしましたが、
立地によっても、状況が異なる場合もございます。
(例えば、都市部やビジネス街の場合は低調になっている可能性がございます。)

いま一度、緊急事態宣言解除後の6~7月の数値を確認して頂き、
Withコロナを生き抜くための対策を講じてまいりましょう。

今回は、「ほんとうに今後も安心!?緊急事態宣言解除後の数値でわかる医院の傾向」についてお伝えしました。
ご不明な点がありましたら、お気軽に弊社までご相談くださいませ。

次回のメールマガジンもお楽しみに!

 

ここまでお読みいただきました方に、経営に役立つ無料マニュアル・レポートをプレゼントいたします。

▼整形外科に特化した経営ノウハウ無料レポートはこちらから
https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/fairing/booklets_download/report_fairing/

こちらのレポートは全て無料でダウンロードいただけます。
すぐに実践可能な内容が盛りだくさんのレポートとなっているので、是非ご参考にしてください。

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

先森 仁

プロフィール詳細

前職では、理学療法士として疾患・医療介護問わず幅広い臨床経験、修士課程でのフィールドワーク・研究活動経験を活かし、“現場の課題をしっかり把握・分析し、早期に業績・利用者満足度の向上をします。
特に、整形外科クリニックを中心に、リハビリテーション科の稼働率アップ、教育体制の構築、運動療法の充実および通所リハビリの立ち上げ→稼働率アップを行ってまいります。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×