整形外科時流予測レポート2021の無料ダウンロードのご案内

2021年01月26日 (火)

科目:
整形外科
コラムテーマ:
経営計画

こんにちは。
船井総合研究所の先森仁です。
遅ればせながらではございますが、皆さま、2021年も宜しくお願い申し上げます。

振り返れば、2020年は新型コロナウイルスの影響を大きく受けた1年でした。
しかし、コロナ禍でも業績アップした医院さんは多くございました。

そこで、業績アップされた医院さんの特徴を振り返り、2021年に取り組むべき対策についてお伝えいたします。
また、整形外科クリニックが成長していく方向性をご提示した上で、2021年以降の診療報酬・介護報酬改定から予想される事項から、今から準備しておくべき取り組みについてご紹介させて頂きます。

 

このような方におすすめ(*効果には個人差がございます)

  • 2020年の整形外科業界を振り返りたい方
  • 2021年以降の整形外科経営の参考にしたい方
  • 2021年以降の経営で絶対に外してはいけないポイントを知りたい方

今回の時流予測レポートには以下の内容が掲載されております

①2020年の整形外科業界の振り返り
②整形外科クリニックの今後の展望
③診療報酬・介護報酬から考える今後の時流
④2021年に向けて取り組むべきポイント

時流予測レポートは、以下のURLからダウンロードが可能です。
https://bit.ly/3sUCnM4
2021年の皆さまのクリニック経営の参考となりましたら幸甚でございます。

今回は、「整形外科時流予測レポート2021の無料ダウンロードのご案内」についてお伝えしました。
ご不明な点がありましたら、お気軽に弊社までご相談くださいませ。

次回のメールマガジンもお楽しみに!

理学療法士の採用・教育やリハビリの展開に悩まれている先生方へ

☑理学療法士の良い人財が採用できるか不安
☑理学療法士のマネジメントに困っている
☑理学療法士の活躍の場を広げたい
☑リハビリを自院の主軸にしたい
☑リハビリのバリエーションを増やして地域貢献をしたい

そんなお悩みや思いを持たれている先生方は
ぜひオンライン視察ツアーにご参加ください。

今回のオンライン視察ツアーは、
医療法人社団 日輝会
うなやま整形外科
理事長 宇南山 賢二 氏を特別ゲスト講師としてお招きし、
オンラインにてクリニック視察ツアーと特別対談をお届けいたします!

たった3年でセラピストを0名から13名の体制にして、
外来の運動器リハビリだけでなく、
通所リハビリ、訪問リハビリも導入されました。

視察ツアーの第一講座では、
この3年で様々な困難を乗り越えてこられた
宇南山理事長およびマネージャー様のインタビューをご用意しています。

リハビリ拡大型クリニックのモデル医院ですので、
先生方のお悩み解決の一助となるはずですので、
この機会にぜひご受講してみてはいかがでしょうか?

▼お申し込みはこちらから▼
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/076556/

 

 また、

運動器リハビリや整形外科経営に関する

無料の小冊子も公開しておりますので、

ぜひ、ご活用ください!

 

▼整形外科経営に役立つマニュアル・ツール一覧【無料ダウンロード】▼

https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/fairing/booklets_download/report_fairing/

 

船井総合研究所
第二経営支援本部
ヘルスケア支援部
先森仁

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

先森 仁

プロフィール詳細

前職では、理学療法士として疾患・医療介護問わず幅広い臨床経験、修士課程でのフィールドワーク・研究活動経験を活かし、“現場の課題をしっかり把握・分析し、早期に業績・利用者満足度の向上をします。
特に、整形外科クリニックを中心に、リハビリテーション科の稼働率アップ、教育体制の構築、運動療法の充実および通所リハビリの立ち上げ→稼働率アップを行ってまいります。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート