【医療】「評価制度」が、職員のモチベーションを上げる

2014年02月11日 (火)

科目:
整形外科
コラムテーマ:
評価制度

こんにちは。
船井総研 上藤です。

成長されているクリニックで「集患」と並んで話題に上るのが
「採用」
です。

求人広告の出し方、書き方など色々ポイントはありますが、
関係無さそうで、実は重要、というのが
「評価制度」です。
優秀・やる気のある方ほど、
「自分が何をしたら評価されるのか?」
「次は何を目指せば良いのか?」
を気にされます。

何をしたら評価されるのか
ということよりも
「どう成長していけばいいのか」
という道を示してあげる、

のが、評価制度を作る意味です。

そういった趣旨で評価をされている医院は少ないと思います。
是非、参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも是非ご覧ください。

▼研究会「美容医療経営研究会」
 
▼自由診療ポータルサイト「自由診療.com」
 

▼船井総研公式HP:
http://www.funaisoken.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

上藤 英資

入社以来、診療所のコンサルティングに従事。現在は整形外科を専門にコンサルティングを行っている。整形外科の集患強化・スタッフマネジメント・採用教育支援を行う。近年は整形外科が取り組む介護事業(デイケア、デイサービス、訪問リハ、居宅介護支援事業所など)の立ち上げ、活性化支援も手がける。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る