【整形外科クリニック院長必見】院内販促は大切!

2018年09月07日 (金)

科目:
整形外科
コラムテーマ:
院内販促

こんにちは。

今回のメルマガでは、
【クリニック院長必見】院内販促は大切!
と題してお送りさせていただきます。

—————————————–
■今回の内容
1.患者様は、なにも知らない、気づいてない!
2.院内販促は、患者様にとって親切である
3.院内販促の具体例
4.続けてこそ意味がある
—————————————–

1.患者様は、なにも知らない、気づいてない!
「何度も診察で説明しているのに、同じことを何度も聞かれる」
「掲示板に貼っているのに」
ということは、スタッフの方から聞くことも多いものです。

「何年も通っている患者様に、こんなのやってたのね、と言われました」
ということも多々聞きます。

コミュニケーションの難しさ、と言ってしまえばそれまでですが、「伝わるまで」「理解するまで」繰り返し伝える、ということが患者様への告知でも非常に重要なのでしょう。
待合室の掲示板にポスター等を張っていても、大半の患者様は目に入っていないものです。

伝えたい情報は、診療日の変更や休診の情報はもちろんのこと、医院で行っているお勧めしたい治療や検査など、「もっと患者様に伝わればいいのに」と感じていらっしゃるものはたくさんあるのではないでしょうか。

2.院内販促は、患者様にとって親切である
医療機関で、積極的にチラシや販促物を渡す習慣がある医院は多くはありません。
患者様が医院から出てくる時に手に持っているのは、処方箋と領収書だけ、ということが大半です。患者様からすると、そこに1つチラシなどの販促物が増えても、大きく心証を崩すということはありません。

逆に、定期的に医院から「患者様が知っておいたほうがいい健康情報・治療法」「医院からのお知らせ」などを積極的に発信してくれる方が、通う側からすると信頼感を感じるものです。

3.院内販促の具体例
院内販促と銘打っても、大きくオペレーションを変えたり、費用をたくさん掛ける必要はありません。
よくお手伝いする医院で行うのは、会計時に、受付から処方箋・領収書と合わせて、一つ手渡しで患者様に販促物を渡してもらう、という方法です。
これなら、大きく手間をかけずとも、必ず渡すことができます。

販促物の代表的な例をご紹介します。
・3つ折りパンフレット(治療法、自費サービスなどのテーマごとに作成したもの)
・チラシ(A4サイズか、A5サイズ。カラー印刷である必要はありません。渡す数、の方が大事です。)
・ポケットティッシュ(制作する業者によりますが、1個2円くらいから制作も可能です。)
・院内新聞(月に1度、スタッフ主導で、医院便りという形で作成します)

伝える内容・テーマの例は、
・スポーツ疾患、スポーツリハ
・骨粗しょう症、骨密度検査
・交通事故の治療
・通所リハビリテーションなどの介護サービス
・健康教室実施のお知らせ
・移転、分院などのお知らせ
・理学療法などの治療方法のご案内
などです。

4.続けてこそ意味がある
こういった販促物・告知物を患者様に渡す場合、全ての方に毎回渡す、ということが基本です。医院側で渡す人を選ぶ、ということをすると、結局ふたを開けたら100人の患者様の中で15人くらいにしか渡してなかった、ということがままあります。それでは、販促になりません。

また、逆に言うと、医院側から見て渡しづらい人、関係性が薄い人にこそ、医院の情報を詳しく伝えるべきです。なので、繰り返しになりますが、全ての患者様に渡す、ということ、そしてそれを一定期間続ける、ということが院内販促のポイントです。

医院からの情報発信が多すぎて嫌われる、ということはありません。
どんどん、患者様に必要な情報を積極的に発信する医院が、これまでも・これからも、選ばれ続ける医院です。
ぜひ、積極的な情報発信、院内販促を行って頂きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。
今回は「院内販促は大切!」についてお伝えしました。
ご不明な点がありましたら、お気軽に弊社までご相談くださいませ。

最後に、ここまでお読みいただきました方に、経営に役立つ無料マニュアル・レポートをプレゼントいたします。

▼整形外科に特化した経営ノウハウ無料レポートはこちらから
https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/fairing/booklets_download/report_fairing/

こちらのレポートは全て無料でダウンロードいただけます。
すぐに実践可能な内容が盛りだくさんのレポートとなっているので、是非ご参考にしてください。

次回のメールマガジンもお楽しみに!

 

▼関連する無料レポートダウンロードはこちら▼

整形外科時流予測レポート2021

同じテーマで記事を探す

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート