2021年春までに眼科クリニックが対応する3つのこと

2021年02月19日 (金)

科目:
眼科

いつもめでぃまがをお読みいただきましてありがとうございます。
眼科コンサルタントの野田です。

今回は2021年春までに眼科クリニックが対応する3つのこととしてお送りします。
国内での新型コロナウイルスワクチンが先週に接種を開始され、予備調査の回答を提出したり、看護師さんへ協力のお願いがきているクリニックも増えてきているのではないでしょうか。

2021年の動向・予測はダウンロードレポートでもご紹介しておりますが(まだの方は下記よりダウンロードできます)、2月に入り患者数が戻ってきている、エリアによっては例年より増えているクリニックも出てきています。

この春までに眼科クリニックが対応する3つのことを大きくまとめると以下になります。

1. 感染対策と繁忙期に向け整える対策

首都圏を中心に緊急事態宣言は継続中ですし、感染対策は当然引き続き継続になります。
ただ、昨年急場しのぎで対応した対策もあると思いますので、バージョンアップをお願いしています。
また、オンライン資格確認の補助期限も3月末と迫っています。

2. 採用判断

クリニックにとって優秀な新卒視能訓練士の獲得は例年になく最大のチャンスとなっています。
国家試験から合格発表までと合格発表以降に就職先探しをする学生さんも今年は例年以上に多いので、獲得タイミングといえます。

3. 繁忙期対策

すでに患者数が増えているクリニックも多いと思いますが、学校検診の予定なども例年どおりの方針が出されているエリアも多いので、今年は例年以上に集中することを前提に弊社コンサルティング先でも繁忙期対策をしていただいております。
白内障手術や新患の戻りが遅いクリニックもこれから変動が大きくなりますので対策が必要となります。

 

以上、エリアによって状況が大きく異なっているのが現状ですが、うちのエリアではどうなの?と悩まれている先生はメルマガ読者サポートとしてオンラインによる無料経営相談も受け付けておりますのでお申込みください。

 

眼科向けダウンロードレポート、無料経営相談のお申込みはこちらから

無料相談を1月限定で3医院様まで受け付けています!
以下のようなお悩みをお持ちの方は是非ご活用ください

  • この春以降に自院で取り組むことについて具体的に相談したい
  • このコロナ禍での需給、繁忙期対策について相談したい
  • 需給が見通せないので採用をどうするか悩んでいるので相談したい
  • その他、効率化・集患・スタッフマネジメントなど経営に関わることをご相談いただけます。

オンラインでのビデオチャットを用いた形での実施となりますので、お気軽に実施いただけます。

▼経営相談のお申し込みはこちらから▼
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/byoin-clinic-keiei/inquiry-form.html

▼眼科向け無料ダウンロードコンテンツはこちらから▼
https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/eye/booklets_download/report_eye/

 

全国の前向きな眼科クリニックの院長が集まる経営勉強会、まだご参加されたことがない方へ

クリニック経営研究会 眼科分科会とは船井総研が主催する業績アップに特化した、院長先生向けの勉強会です!
医院の発展を目指される先生であれば誰でも入会可能です。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、オンライン開催となっております。

↓次回 2021年3月14日開催の眼科クリニック クリニック経営研究会の詳細日時、無料お試しお申込みはこちらから
https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/eye/study/100467/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

野田 陽一郎

プロフィール詳細

安定した医院経営のお手伝いをしております。
医院の状況に合わせたアドバイス・現場での実践を得意としております。
眼科に関すること、眼科周辺のお悩みに関するお悩みは、ご相談ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×