【耳鼻咽喉科向け】成功している耳鼻咽喉科クリニックの集患・増患対策を大公開

2018年11月09日 (金)

科目:
耳鼻咽喉科
コラムテーマ:
集患・ホームページ活用

こんにちは!

いつもめでぃまがをお読みいただきありがとうございます。

耳鼻咽喉科クリニック専門コンサルタントの田中です。

 

今回のコラムでは、

「患者さんが多く集まる耳鼻咽喉科クリニックが実際に行っている集患増患対策」

をご紹介いたします。

 

目次

1.こんな方はお読みください!

2.成功している耳鼻咽喉科の集患増患対策とは?

3.患者数が即時増加?「リスティング広告」とは?

4.集患増患においてリスティング広告が効果的な5つの理由

 ①一番受診に近いユーザーにアプローチできる!

 ②すぐに始めることができ、効果が期待できる!

 ③狙った疾患に絞ってアプローチできる!

 ④クリック課金型だから安心して始められる!

 ⑤配信のエリアを絞って広告を出すことができる!

5.リスティング広告を進めてみたいけど・・・

 

1.こんな方はお読みください!

・患者さんを増やしたい!

・閑散期に患者さんをもっと集めたい!

・特定の疾患の集患力を強化したい

・開業したばかりで患者さんがなかなか来ない

こんなお悩みをお持ちの耳鼻咽喉科クリニック様は必見の内容です!

今回は実際に集患増患に成功し、業績を上げ続けている耳鼻咽喉科クリニックが行っている集患増患方法をご紹介いたします。

 

2.成功している医院の集患増患対策とは?

 

成功してる医院が集患増患を強化するうえで何をしているか・・・

 

それは、一言でいうと「WEB対策」です。

 

なぜWEB対策かというと、

耳鼻咽喉科に受診する患者さんの多くは「HPを見て来院した」という理由で受診されているからです。

 

実際に、弊社で経営のお手伝いをさせていただいている耳鼻咽喉科で患者さんの来院経路の分析を行っておりますが、5~6割以上がHPを見て来院しているという耳鼻咽喉科も珍しくありません。

したがって、多くの患者さんはWEBで検索をして、どこの耳鼻科に行くのかを決めているケースが多いため、WEB上で自院のクリニックの情報をしっかりと出していくことが重要です。

 

3.患者数が即時増加? 「リスティング広告」とは?

今回のメルマガでは、様々あるWEB対策の中でも一番早く効果が出ている対策、「リスティング広告」をご紹介いたします。

リスティング広告(検索連動型広告)とは、検索エンジン(主にGoogle、Yahoo)で何か検索をしたときに、検索キーワードに応じて、検索結果の上部や下部に表示される広告のことを言います。

耳鼻咽喉科では、このリスティング広告を活用している医院はまだまだ少ないです。ですので、しっかりと活用できれば、WEB上で耳鼻咽喉科を検索する患者さんに自院のホームページが目にとまる機会が多くなり、集患において効果を発揮することが期待できます。

特に、開業してから日が浅く、患者さんへの認知度がまだ低いクリニックにとってはすぐに実行できて、かつすぐに効果も見込める有効な施策だといえます。

 

4.リスティング広告が効果的な5つの理由

①一番受診に近いユーザーにアプローチできる!

先ほどお伝えしたように、耳鼻科を探している多くの患者さんがスマートフォンやPCを使ってWEBで検索をして、どこの耳鼻咽喉科で受診するかという意思決定を行っています。

「スマホ・PCで検索」をしている方というのは、悩みが明確になっており、かつ受診に対して緊急性の高い患者さんであり、最も受診に近い状況にあります。

受診に一番近いユーザーに対してアプローチするということが広告宣伝活動のポイントであり、そこに対してアプローチできるのがリスティング広告です。

②すぐに始めることができ、効果が期待できる!

SEO対策(検索結果の上位表示)や口コミ等で集患の効果を得るまでには、どうしても時間がかかってしまいます・・・

しかし、リスティング広告は、設定方法を知っている人であれば5分で開始でき、広告が開始すればその日から効果を期待できます。

こういった点からも、開業して間もないクリニックにおいては有効な施策となっています。

③狙った疾患などを絞ってアプローチできる!

リスティング広告は、「ユーザーがどんなキーワードで検索をした場合に広告を表示させるか」といった設定をすることができます。

そのため、力をいれていきたい疾患や治療に絞って、広告を行うことも可能です。

例えば、耳鼻咽喉科クリニックであれば、睡眠時無呼吸症候群や舌下免疫療法の集患を強化するケースが多くあります。

また、駅名やエリア名もキーワードに含めることができ、例えば「東京駅 耳鼻咽喉科」という検索キーワードに対して広告を出すこともできます。

④クリック課金型だから安心して始められる!

リスティング広告は、広告がクリックして初めて費用が発生します。

つまり、クリックされなければお金はかからないのです。

初期費用や数年間の契約といったものは一切ないので、安心してトライすることができます。開業後すぐの資金的に難しい時期でも、低予算から開始することができます。

また、ON/OFFの切り替えがすぐにできるので、患者数が増えてしまったときや、繁忙期は広告を止めて、閑散期だけ広告を活用したいというふうにも広告を運用することができます。

⑤配信のエリアを絞って広告を出すことができる!

来院の可能性のあるエリアに住んでいる患者さんに絞って広告を出すことができます。例えば、クリニックから半径〇kmや〇〇市等といったように、エリアを限定することができます。こうすることで、より効果的に耳鼻咽喉科を探している患者さんに広告を出すことでき、来院する可能性の低い人には広告が出ないため、広告の費用対効果が良くなります。

「もっと患者さんを増やしたい!」「閑散期にもっと患者さんを増やしたい」という先生方には、このリスティング広告を実施することをお勧めします。

実際に弊社が経営のお手伝いをしている耳鼻咽喉科クリニックでもリスティング広告を開始してからすぐに新患数が増えているケースが多くあります。

ただし、ホームページが患者さんにとって魅力的でなかったり、広告の配信の設定を間違えると全く新患獲得に結びつかないということもありますので、ご注意ください。

また、医療機関が広告を出す際には「医療広告ガイドライン」というものに沿って広告を作成する必要がありますので、この点も注意が必要となります。

 

5.リスティング広告を進めてみたいけど・・・

・普段の診療業務が大変で手が回らない・・・

・閑散期の集患を強化したい

・短期間だけでもリスティング広告を試してみたい

・広告運用を丸投げしたい!

・自院のエリア等様々な条件的にリスティング広告が有効なのか相談してみたい

 

こんなお悩みをお持ちの方は

耳鼻咽喉科クリニックのWEB対策で数多くの成功事例を持つ耳鼻咽喉科専門コンサルタントが対応させていただきます!お気軽にご活用ください。

 

また、集患に関すること以外のスタッフのマネジメントやクリニック経営全般のお悩み等でもご対応可能ですので、何かお困りごとがあれば無料経営相談の機会をご活用いただければと思います。

 

無料経営相談のお申し込みはこちらから!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/byoin-clinic-keiei/inquiry-form.html#_ga=2.159946366.2137096835.1541398045-433902513.1534735766

 

耳鼻咽喉科向けコンサルティングに関して詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/otolaryngology/consulting/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

田中 康樹

プロフィール詳細

立教大学経済学部卒業後、入社以来クリニックのコンサルティングに携わり、一貫してWebマーケティングによって即時業績アップに貢献してきた。ホームページの活性化とWeb広告での新患を集める仕組み作りを得意とする。また、数多くのコンサルティング経験によって培われた、スタッフの生産性アップや患者満足度をアップさせるなどといったツール作成ノウハウも豊富に持っている。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート