高齢者向けの新しい集患施策とは

2021年08月26日 (木)

科目:
耳鼻咽喉科
コラムテーマ:
集患・ホームページ活用

皆様 こんにちは。
いつもめでぃまがをご覧いただきありがとうございます。
船井総合研究所の井上でございます。

ここから数年間の間、高齢者向けのマーケティングはどんどん実施方法が変わると考えていたほうが良いようです。

総務省が毎年調査している「通信利用動向調査」によると、50代以降でスマホを保有している方は、年齢階級別にみると下記のような推移になっています。

■50代
H30:79% R1:85.6% R2:85.9%

■60代
H30:56.2% R1:64.7% R2:67.4%

■70代
H30:27.2% R1:33.8% R2:38.3%

■80歳以上
H30:7.8% R1:11% R2:11%

50代は保有率が非常に高く、20代(91.7%)30代(92.1%)と大きな開きはありませんでした。
しかし、一定数はスマホを持たない方もいらっしゃるので、50代の保有率は恐らく天井に近いのではと推測できます。

60代に関しては、50代ほど保有率は高くありませんが、安定的に伸びてきており、まだ伸びしろがあると推測できます。

10年経てば、バリバリスマホを使っている今50代の方も、みな60代になり、
同じ論理で、70代の方のスマホ保有率もどんどん伸びていくことが予想できます。

また、先日クライアント医院様にてWEBアンケートを実施した際に、60代の回答が多かったこと、70代の回答もあったことで、先程の数値データを肌で感じる機会がありました。

確実にスマホを使える高齢者がどんどん増えていくと確信しています。

これまでは、「高齢者はスマホ・ネットを使えない。なのでそれ以外の媒体を使う」というのが常識だったと思いますが、
常識をアップデートし、早い段階でWEBマーケティング強化に取り組まないと、今後集患で苦労する可能性が高いです。

ぜひ、ホームページの見直し、スマホ対応、WEB広告(リスティング広告やインスタグラム広告など)に取り組んでいただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「耳鼻科向け2021年最新集患成功事例大公開セミナー」のお知らせ

【こんな先生方におすすめしております】
・アフターコロナの風邪・花粉症に頼らない耳鼻科の業績の伸びした方を知りたい
・コロナ禍でも耳鼻咽喉クリニックで効果が出ている集患施策を知りたい
・自院の集患力を強化したい
・集患を強化したいが何から手を付けたからよいかわからない

【セミナー概要】
■開催方法:
オンライン(PCがあればどこでも受講可能です!)

■日時:
・2021/09/05 (日) 10:00~12:00
※web申込締切 【9月1日23:59まで】

・2021/09/12 (日) 10:00~12:00
※web申込締切 【9月7日23:59まで】

・2021/09/26 (日) 10:00~12:00
※web申込締切 【9月21日23:59まで】

※銀行振り込みの場合は、+2日間締め切りが早まりますのでご注意ください。

■参加費:
・一般価格 5,000円 (税込 5,500円)/ 一名様
・会員価格 4,000円 (税込 4,400円)/ 一名様
※ ご入金の際は、税込金額でのお振り込みをお願いいたします。

セミナーお申し込みページはこちらから

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

井上 駿

プロフィール詳細

入社後、クリニック、法律事務所のコンサルティングを行ってきた。
現在はクリニックのコンサルティングに専門特化し、耳鼻咽喉科コンサルティング部隊の統括を行っている。
webマーケティングを活用した集患サポートや、スタッフマネジメントを通じた診療効率化サポートを得意とし、多くのクライアントから高い信頼を得ている。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート