夜間・休日対応策にお困りの医院必見!~1名医師からできる在宅医療の夜間・休日対応~

2020年2月20日配信

いつもメルマガをお読みいただきありがとうございます。
船井総合研究所コンサルタントの丸田裕司です。

皆様の医院において、夜間・休日対応策でお悩みの方はいませんか?
今回は全国の内科医院向け『夜間・休日対応策』について紹介します。

以下に、効率的な『夜間・休日対応策』を実施されている医療法人社団実幸会 いらはら診療所様における事例を紹介させて頂きます。

●――――――――――――――――――――――――――――――――――――●
《第6回 高齢者が暮らしやすい地域を創る在宅医療経営セミナー開催のお知らせ》
医療法人社団実幸会 いらはら診療所 理事長 苛原 実先生ご登壇!!

【3月1日(日)13:00 ~ 16:30 船井総合研究所 東京本社】
【3月15日(日)13:00 ~ 16:30 船井総合研究所 大阪本社】
【医療事務を即戦力化する地域連携室導入手法】はコチラ
~外来患者さんを訪問診療で最期まで支える外来システム化~
セミナー詳細・お申込みはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://lpsec.funaisoken.co.jp/byoin-clinic-keiei/seminar/055582_lp/
●――――――――――――――――――――――――――――――――――――●
 

医師の負担を軽減する夜間体制のあり方をご紹介

いらはら診療所様の体制として、1週間のうち4日間は、日頃より医師の訪問診療に同行する看護師を当直として配置をしています。
そのため、ファーストコールは当直看護師が受け、初期対応を行うとともに必要に応じて宿直医(自宅待機)に連絡をとり、往診につなげています。

その他、週3日間は、事務当直が電話を受け、当直医へつなぎ対応しています。
また、同法人内に訪問看護ステーションがあり、施設入居者を除く在宅患者においては、訪問看護も利用しており、訪問看護ステーションでの夜間対応も行っているそうです。

看護師当直体制に対する反応は?

ファーストコールをいらはら診療所の看護師が対応する(看護師当直)体制をとるにあたりその体制について不安があるかないか等、関連施設を対象としたアンケートを実施したデータがあります。
その結果、医師の対応ではないことに不安を持つ施設があるものの、当直にあたる看護師が、定期の訪問診療に同行する看護師であり日中の様子を把握していることに「安心感がある」、医師よりも身近な存在として「相談しやすい」、「対応が早くなった」といった返答があったそうです。

また、夜間の対応で、医療機関に求める事としては、「迅速な対応」「わかりやすい説明と指示」「医療機関内における連携の強化」という意見がありました。
また、経営面からは、夜間の当直を医師ではなく看護師が行うことで経費の削減が可能となります。

いらはら診療所の実態調査から紐解く現状とは…

電話総数が多いのは、抱える在宅療養者数に比例していることはもとより、その7割が個人宅ではなく、入居施設等であり、施設職員との連携によるところの電話対応が多いと考えられます。
看取りのための往診を除くと3か月の平均 14件について医師が対応し、その他の大部分が看護師による電話応答や訪問で対応しているそうです。

在宅療養患者からの電話をその内容別にみると、大部分を占めるのが、急変を含む状態の変化と熱発だったそうです。
「看取り」以外の内容については、電話のみの対応が多いことから、翌日まで経過観察として良いケース、又は、救急搬送を要するような医師・看護師の訪問を待てない緊急性の高い状況が考えられます。

 

医療機関における夜間・休日対応における仕組み作りに悩まれる事が有る場合は、お気軽に無料経営相談窓口をご利用下さい。
https://www.funaisoken.co.jp/form/consulting

また、文中で紹介させて頂きましたセミナーでは、いらはら診療所の苛原理事長にご登壇頂き、夜間・休日対応についてもお話頂きます。
関心をお持ちの医院様は、無料ダウンロード出来る詳細資料もありますので以下URLをご確認下さい。
https://lpsec.funaisoken.co.jp/byoin-clinic-keiei/seminar/055582_lp/

最後までお読み頂きありがとうございました。

※内科経営研究会 ~在宅医療分科会~ のご案内!
●――――――――――――――――――――――――――――――――――――●
【内科経営研究会~在宅医療分科会~ にて詳しく解説!】

***** * 院長先生限定特別無料ご招待 ***** *
4月12日(日)13時~16時@岡山 オンライン参加も可能!
詳細はコチラ
https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/internalmedicine_home/study/study_internalmedicine_home/

お申込みはコチラ
https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=022785
●――――――――――――――――――――――――――――――――――――●

【お問い合わせ】
株式会社船井総合研究所 ヘルスケア支援部
電話:0120-964-000(平日9:30~17:30)
申し込みに関する問い合わせ 時田(トキタ)
セミナー内容に関する問い合わせ 丸田(マルタ)

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×