減収時でも経営の正攻法は患者数の回復から

2021年04月21日 (水)

科目:
産婦人科
コラムテーマ:
集患・ホームページ活用

いつもめでぃまがをお読みいただきましてありがとうございます。医療コンサルタントの野田です。

 

先日発表された人口動態統計速報では、2021年1月の出生数が昨年同月比でマイナス14.6%と事前の政府計画よりも大幅に下回ったことが明らかになりました。新型コロナによる影響が大きいと思いますが、経営的なインパクトはこれから長期に渡り、想定以上に響いてくることになります。

出産等社会保障について行政独自の支援策などを実施しているところもありますが、まだまだ安心できるレベルではないということだと思います。

そのような環境下で、婦人科・産婦人科で昨年と異なるのは、例えば学校が例年どおり開始され、人の動きが出ていること、地域の検診なども例年どおりに多くの行政で実施や案内が配布されていたりと例年に沿った流れになっていることです。

これにより、外来数などが直近では地域によって例年通りに戻ってきたクリニックとそうでないクリニックに分かれてきています。

クリニック経営の原理原則として、患者数が例年に戻ってきていないところはまず患者数を回復させることがまず第一です。その上で昨年控えていた検査や診察がある場合は、それをしっかりすることで点数をきちんとつけることが次になります。

そこから自費率を向上させるなど+αとなる施策をしていくことで、クリニックとしての強さが出てきます。
想像以上に収益が減少しているクリニックは突飛なことをするのではなく、原理原則通り、まず患者数を戻せる施策を打ちましょう。

婦人科向けダウンロードレポート、無料経営相談のお申込みはこちらから

オンラインによる無料相談を(1か月3医院様まで)受け付けています!

以下のようなお悩みをお持ちの方は是非ご活用ください

・クリニックのWEB告知について具体的に相談したい

・新型コロナウイルス対策(感染予防・増患)について相談したい

・この先需給が見通せないので採用をどうするか悩んでいるので相談したい

・その他、効率化・集患・スタッフマネジメントなど経営に関わることをご相談いただけます。

 

オンラインでのビデオチャットを用いた形での実施となりますので、お気軽に実施いただけます。

▼経営相談のお申し込みはこちらから▼

https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/gynecology/consulting/%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e4%b8%80%e7%95%aa%e3%81%ae%e5%a9%a6%e4%ba%ba%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af/

▼産婦人科・婦人科向け無料ダウンロードコンテンツはこちらから▼

https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/gynecology/booklets_download/report_gynecology/https://lp.funaisoken.co.jp/mt/byoin-clinic-keiei/inquiry-form.html

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

野田 陽一郎

プロフィール詳細

安定した医院経営のお手伝いをしております。
医院の状況に合わせたアドバイス・現場での実践を得意としております。
眼科に関すること、眼科周辺のお悩みに関するお悩みは、ご相談ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る