「 2020年診療報酬改定に伴い、整形外科・リハビリテーション科で対応が必要なこととは? 」

2020年2月4日配信

自院でいますぐやるべき”新型コロナウイルス”対策小冊子

こんにちは。

船井総合研究所の先森仁です。

 

この度は、2020年1月29日に、2020年診療報酬改定の短冊(改定項目と詳細のみ、点数は無し)が厚生労働省より公表されました。
公表された内容で整形外科で対応が必要と思われる項目と、その対応方法についてお話させて頂きたいと思います。

今回に記事につきましては、整形外科の先生には、是非最後までご覧いただきたいと考えております。

「第448回 中央社会保険医療協議会 総会(公聴会) 議事次第 個別改定項目(その1)について」の
【Ⅱ-7-7 患者の早期機能回復のための質の高いリハビリテーション等の評価 -②】疾患別リハビリテーション料の見直しに以下のように記載されています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第1 基本的な考え方 急性期から回復期、維持期・生活期まで一貫したリハビリテーション の提供を進めるとともに、疾患別リハビリテーションに係る事務手続きを簡素化するため、疾患別リハビリテーションの通則等について、疾患別リハビリテーションに係る日常生活動作の評価項目等の要件を見直す。

第2 具体的な内容
1.疾患別リハビリテーションの実施に当たり作成する「リハビリテー ション実施計画」の位置づけを明確化する。具体的には以下のとおり。

・ 疾患別リハビリテーションを行うに当たっては、リハビリテーション実施計画書を作成することとする。
・ リハビリテーション実施計画書の記載事項のうち、ADL項目としてBI又はFIMのいずれかを用いるようにする。
・ リハビリテーション実施計画書を作成し、診療録へ添付することとする。

2.リハビリテーション実施計画書の作成は、疾患別リハビリテーションの算定開始後、原則として7日以内、遅くとも14日以内に行うこととした上で、当該計画書の作成前に行われる疾患別リハビリテーションについて、医師の具体的な指示の下で行われる場合に限り、疾患別 リハビリテーション料を算定できることとする。また、併せて当該計画書の作成に当たり参考とする様式を整理する。

特筆する点としては、「リハビリテーション実施計画書」についてです。
これまでは、リハビリテーション実施計画書と総合実施計画書の取り扱い・運用方法について不明瞭な点が多かったのですが、今回は「リハビリテーション実施計画書の作成は、疾患別リハビリテーションの算定開始後、原則として7日以内、遅くとも14日以内に行う」と明言されております。

今回の変更にあたり、実施計画書・総合実施計画書の共通部分の様式を揃えるため様式を整理する予定になっておりますが、2種類の計画書を改めて作成することにより、療法士の業務負担が増えることが予想されます。
また、実施計画書作成のタイミング、計画書を患者様へお渡しするタイミングを配慮した予約の取り方の検討などの対応も考えられます。

そうした業務負担に対し、診療報酬改定後にスムースな対応ができるよう、ツールの作成やシステムの提案を弊社では行ってまいりたいと考えております。

今回は、「2020年診療報酬改定に伴い、整形外科で対応が必要なこととは?」についてお伝えしました。
ご不明な点がありましたら、お気軽に弊社までご相談くださいませ。

※2020年4月1日から施行される診療報酬改定情報について述べており、正しい情報をお伝えするために細心の注意を払っておりますが、情報取り扱いについては自己責任にてお願い致します。情報の誤り等のお気づきの点が御座いましたら、お手数ですがご連絡をお願い致します。

次回のメールマガジンもお楽しみに!

最後に、弊社で開催するセミナーのご案内をさせて頂きます。

整形外科のための診療効率化セミナー
「患者満足度を上げつつ、1時間15人を診療するチーム医療の創り方」

今後、生産性人口が減少するのも関わらず、開業クリニック数は増加をし続けます。そのためこれからは、職員一人当たりの生産性の最大化する必要があります。人でなくてもできる業務をAIや自動精算機を導入をすることで解決するクリニックも増えています。また、生産性向上のためには、職員が生き生きと働く環境を作ることも経営者に求められます。 
そのために必要なノウハウを全てお伝えしたいと思っています。

ひとつでも該当する先生は、是非セミナーにご参加ください

☑ 院長が、問診・患者説明・電カル入力までやっている
☑ 1日が終わると、院長ばかりが疲れている日が多い
☑ 院長が疲弊しており、どことなく雰囲気が暗い状態が続いている
☑ 新しくスタッフを採用しても一月もたたずに退職してしまい定着しない
☑ なんとかその状況を打破したいが方法がわからない…

▼セミナーの詳細・お申込みはこちらから▼

https://lpsec.funaisoken.co.jp/byoin-clinic-keiei/seminar/054390_lp/

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

運動器リハ拡張による、圧倒的地域一番化整形外科化セミナー
「運動器リハ徹底強化。整形外科の圧倒的成長の戦略。」

運動器リハビリ導入が整形外科において一般的になりつつあり、運動器リハを導入されている先生が多いと思います。しかし、運動器リハの処方を出しているのに伸び悩んでいることにお悩みの先生も多いと思います。運動器リハを軌道に乗せるためには、稼働率を上げキャンセルを減らすシステムづくりや医師とPTの連携などが必要となります。
そのために必要なノウハウを全てお伝えしたいと思っています。

ひとつでも該当する先生は、是非セミナーにご参加ください

☑ 法人を成長させ、安定した経営を実現したい
☑ 運動器リハの導入を検討しているが、成功のためのポイントを知りたい
☑ 整形外科経営の、これからの方向性のヒントを得たい
☑ 延べ患者数が減ってきているため、その対策方法を知りたい
☑ これからの5年間で、成長を実現できる医院経営のポイントを知りたい

 

船井総合研究所
第二経営支援本部 ヘルスケア支援部 先森仁

 

▼関連する無料レポートダウンロードはこちら▼

整形外科時流予測レポート2021

 

 

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×