船井総研医療経営ニュースメールマガジンめでぃまが!vol.36 「働き続けられる環境は生き残りの絶対条件」

2015年3月24日配信

■╋■╋■━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
╋■╋■┛ 船井総研医療経営ニュースメールマガジン「めでぃまが!」
■╋■ 2015年3月20日号
╋■      『働き続けられる環境は生き残りの絶対条件』
■━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
いつも「めでぃまが!」をご愛読いただきありがとうございます。
今回は採用・教育・人事を専門としている船井総研の大西がお送りします。
『働き続けられる環境は生き残りの絶対条件』
本日3月20日「少子化社会対策大綱」が
5年ぶりに改定の閣議決定がなされました。
この改定の大きなポイントとしては、以下の2点が挙げられます。
・第3子以降の保育料無償化、保育所の優先利用の検討
・男性の育児への参画を促す施策を推進(育児休暇取得80%の目標)
また、現在 労働基準法の改正案も協議されています。
ここで大きく取り上げられているのは、
「有給休暇の年5日間の義務化」
年10日以上の有給休暇を与えられる従業員に、
年「5日」の有給休暇を取らせることが企業の義務となります。
こうした取り組みはもちろん出生数を増加させるための取り組みです。
日本は出生率の高い欧米の施策の後追いをしているわけですが、
これから私たちが意識しなくてはいけないのは「出産・育児」だけではありません。
2025年、医療・介護の業界では大きな意味を持つ年ですが、
同時にこの高齢者増加の大きな流れは、
介護休暇を取る人が増えることの裏返しでもあります。
実際、私の支援先の看護師の方でも、
育児休暇から復帰して半年で、
旦那さんの親の介護のために再び休職というケースがありました。
高齢化が進んでいる日本において、
このように親の介護で休暇を取るという人はいま年々増加しており、
晩産化も絡んで育児休暇の時期と重なるケースも少なくありません。
こうしたことからもご理解いただけるように、
「働き続けられる環境を整えること」は大企業、大病院だけが取り組むことではなく、
これからの日本社会で生き残っていくために必要な要件となってきます。
すでに、今の若い女性は就職をする際には「働き続けられる職場かどうか」を
かなり厳しい目で見ています。
ただでさえ人口が減り、労働生産人口が減っていく日本。
看護師をはじめとした有資格者だけでなく、無資格者の採用もこれからは難しくなり、
すでにその傾向は日本各地で現れています。
牛丼チェーン店の深夜営業停止や介護職員の採用難など、
先生方の身の回りでもそうした現象は実感いただけるところかと思います。
これから2025年に向けて、良い人材を採用でき、働き続けてもらうことは
都市部・地方都市を問わず、生き残っていくための必須条件になってきます。
①性別、年齢、また職種を問わず働き続けられる職場環境が整っている
②しっかりと安定的に採用できる体制を築けている
もうすぐ4月。物事を始めるにはいいタイミングです。
・診療体制の効率化
・採用体制の見直し
・キャリアステップの整備
・評価・賃金制度の設定
・労働条件の再検討
こうした取り組みを改めて見つめなおし、
2015年度は働く環境の整備に取り組む1年にしていただければと思います。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
☆商品ご紹介☆
『40の困った!をスッキリ解決 診療所経営助っ人ツール』発刊しました!
 https://funaisoken.ne.jp/mt/byoin-book/dl1-form.html
 (URL先に、解説動画もあります。ご覧ください)
 皆さんの病院、診療所でのお困りを解決するツールを解説しています。
———————————————————————–
☆セミナーご案内☆
(それぞれURL先のページにお申し込み欄があります!)
◆大阪会場 4月 5日(日) 皮膚科・美容医療経営研究会 皮膚科クリニックのための実践的「美容医療」活性化セミナー
◆東京会場 4月 12日(日) 皮膚科・美容医療経営研究会 皮膚科クリニックのための実践的「美容医療」活性化セミナー
 http://www.funaisoken.co.jp/seminar/315310.html
 皮膚科クリニックのための実践的「美容医療」活性化セミナー
 今回は診療圏人口7万人の郊外にあるクリニックにも関わらず、
 保険収入1.5億円、美容医療で年間医業収入1億円。
 達成されている「あおい皮フ科クリニック」の三谷院長をお招きして開催いたします。
———————————————————————–
≪初回お試しご参加 無料!!≫
☆各種経営勉強会 ぜひお試しご参加ください!☆
(それぞれURL先のページ下部にお申し込み欄があります!)
◆東京会場 3月 29日(日) 皮膚科・美容医療経営研究会
 http://www.funaisoken.co.jp/site/study/mfts_1332959451_0.html
◆大阪会場 5月 17日(日) 皮膚科・美容医療経営研究会
◆東京会場 5月 24日(日) 皮膚科・美容医療経営研究会
 http://www.funaisoken.co.jp/site/study/201493.html
———————————————————————–
★☆『医院経営8つの成功事例』ダウンロードできます!☆★
 http://www.funaisoken.co.jp/file/medical_case_report.pdf
 様々な診療科目で成功している医院様のレポートです!
 これで医院経営成功の法則をつかんでください!
———————————————————————–
☆★『船井総研 医科サイト』が昨年OPENしました!★☆
 http://ec2-52-197-104-199.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com
 船井総研が掲げるコンサルティングメニューと、コンサルタントの紹介を
 しています!ぜひご覧ください!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
経営相談(採用について)などがおありの場合は、
【経営相談窓口TEL】0120-958-270(フリーダイヤル)
           受付時間: 平日 10:00~18:00
(お問い合わせの際は、「めでぃまが!を見た」とお伝えください
メールマガジンの配信停止は下記のURLよりマイページにログインし、
「メルマガ情報」で手続きを行なってください。
http://www.funaisoken.co.jp/mypage/index.html
マイページにログインできない方は、
配信停止希望のメールマガジン名を明記して、
webmaster@funaisoken.co.jp 宛にご連絡ください。
発行元 株式会社船井総合研究所
http://www.funaisoken.co.jp
船井総研医療ニュースメールマガジン「めでぃまが!」
 
 


無料ダウンロードコンテンツ

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×