vol.184『理念採用はやめなさい! 1』

2019年10月17日配信

先生、こんにちは。

株式会社船井総合研究所の田中晋也です。

https://bit.ly/35vqtfG

https://amzn.to/2RptVBq

 

【「クリニック開業虎の巻」の購読はこちらから】

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/byoin-clinic-keiei/mailmagazine-02.html

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「クリニック開業虎の巻」開業に必要な考え方やノウハウをお送りしています!

 

今回のテーマは「理念採用はやめなさい!」です。

 

昨今、クリニックの開業支援をさせていただく際、先生に「スタッフの理念採用はやめた方がいいですよ!」と言う話をすると、だいたいの先生が、

 

「えっ!?」

と驚かれます。

 

いろいろな勉強をされている先生こそ、

 

「うそでしょ!?」

 

という顔をされます(笑)。

 

理念採用は「ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」を読まれたコンサルタントや先生などがよく言われる話で、この本には経営者は理念をつくり、その理念に共感してくれた人を採用しなければならない。

 

同じ方向に進むバスに乗れない人には降りてもらわなければならないというようなことが書いてあります。

 

そして、これは全く正しいのですが、先生にはこの話をすぐ鵜呑みにされるのではなく、今の採用の時流、クリニックのステージ、ターゲットなどについても少し考えてみていただきたいのです。

 

まず、採用の時流について考えてみると、「ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」が発売されたのは2001年です。

 

確かにこの時代なら、クリニックのスタッフはハローワークや求人誌に求人を掲載すれば、応募が普通にあった時代です。

 

市場に求職者がある一定数以上いた時代は理念採用がとても良い方法だったのですが、今は求職者がほとんど市場にいない時代です。ですから、まだ名もないクリニックの開業ステージにいる先生がやってはいけない採用方法なのです(名医として有名であったり、マスメディアなどで有名な先生は除く)。

 

今は初めから求職者を理念で絞り込んで減らすというよりは、

例えは悪いですが、市場に大きな網を投げて引っかかってきた求職者の中から良い人を採用した方が良い時代です。

 

誤解のないよう申し上げると、理念採用は正しいですし、理念は打ち出した方がいいのですが、それだけを強く訴えたり、こだわったりしては駄目だと申し上げているのです。

 

最近、採用で上手くいっていないクリニックに限って、理念採用にこだわり過ぎて失敗しているケースをよく見かけるので、申し上げています。

 

次回は採用が理念採用だけでは難しくなってきている理由として、クリニックのステージ、ターゲットについてお伝えしたいと思います。

 

それでは、また。

 

【「クリニック開業虎の巻」の購読はこちらから】

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/byoin-clinic-keiei/mailmagazine-02.html

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「クリニック開業虎の巻」開業に必要な考え方やノウハウをお送りしています!

 

【執筆者】

株式会社船井総合研究所

シニア経営コンサルタント 田中 晋也

https://bit.ly/35vqtfG

https://amzn.to/2RptVBq

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る