vol.188「医療事務の採用で見直したい3つのポイント」

2019年12月11日配信

いつもお世話になっております。船井総合研究所の村越でございます。

さて、今回のメルマガでは「医療事務の採用で見直したい3つのポイント」と題して送らせていただきます。

今年はスタッフ採用、特に医療事務の採用に苦しんだ先生が多いように見受けられます。
去年まではindeedなどの求人媒体に求人広告を出せば、比較的応募者を確保できたという先生方も多かったと思います。

このような採用難の中、医療事務の応募者を安定して確保できているクリニックの取り組み事例をご紹介します。

【ポイント①今まで以上に勤務条件を他院と差別化している】

全国的に給与面・休暇・研修体制・福利厚生などの条件面が上昇傾向にあります。
今年は特に基本給を上げることで、応募者を確保した事例が多くありました。
基本給を地域の相場に合わせるため、ボーナス・手当・昇給額などの賃金体系を見直しを行い、応募者を確保する事例もございます。

【ポイント②今まで以上に求人媒体を吟味している】

今までは、Googleで「地域名×医療事務」で検索すると、indeedが最上位表示になるケースが多くありました。
しかし、最近ではエリアによっては別の求人媒体や医療事務の紹介会社が上位に表示されているケースが散見されます。

そのため今まで使ったことが無かった求人媒体に出稿したことで、多くの応募者を確保された事例もございます。

【ポイント③今まで以上に医院側の意思決定を速くしている】

求人媒体上での面接候補日決めのやり取りがパッタリ途絶えてしまう、面接後の採用通知を出したが応募者から「既に就職先が決まってしまった」と断られてしまうケースは多いのではないでしょうか?
その為エントリー後直ぐに候補者の面接日を抑えにいく、良い方だと思ったら3日以内に採用通知を出すなど、今まで以上に早いレス・意思決定をされて上記のようなケースを防いでいます。

【ポイント④今まで以上に勤務条件を他院と差別化している】

全国的に給与面・休暇・研修体制・福利厚生などの条件面が上昇傾向にあります。
今年は特に基本給を上げることで、応募者を確保した事例が多くありました。
基本給を地域の相場に合わせるため、ボーナス・手当・昇給額などの賃金体系を見直しを行い、応募者を確保する事例もございます。

今、医療の採用に困っていらっしゃる先生は改めて上記のようなポイント見直しを行ってみてはいかがでしょうか?

 

【皮膚科・美容皮膚科クリニック経営研究会のご案内】

今回お伝えしたのテーマの他に、

□もっと医業収入を伸ばしたい!
□自由診療を活性化したい!
□もっと診察以外の時間を増やしたい!
□もっと診察を効率化して多くの患者を診たい!
□スタッフのマネジメントの具体的方法を知りたい!

このようにお考えの先生方はいらっしゃいませんか?

当社では2か月に1回、
業種専門コンサルタント・ゲスト講師による
基調講座の他同じ悩みをお持ちの先生方と
情報交換を行う経営研究会を開催しております。

1法人様1回限定で、当研究会に無料ご招待させていただきます。

詳しくはこちらをご覧ください▼

https://byoin-clinic-keiei.funaisoken.co.jp/dermatology/study/100594/

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

 //それ以外の場合

デジタル化戦略レポート