リワークを始めたい方必見!リワークの始め方解説!

2022年03月16日 (水)

科目:
心療内科
コラムテーマ:
経営管理

いつもお読みいただきありがとうございます!
船井総合研究所の野中でございます。

今回は、心療内科・精神科にて行っている医療リワークにてお伝えさせていただきます。

◆こんなお悩みありませんか?

いきなりではございますが、下記のようなお悩みはございますでしょうか。

☑ リワークを始めてみたいがやり方が分からない
☑ リワークを始めたいが、赤字になるのではないかと不安がある
☑ リワークを始めるにあたって何から取り組めばよいのか分からない
☑ 現在の外来診療だけでの頭打ちを感じている
☑ 何か新しい施策をしていきたいが、良いアイデアが思いつかない

何か一つでも当てはまる方は最後までお付き合いいただければと存じます。

リワークのメリットとは

リワークを行っている先生方からは、下記のようなメリットがあるとお話をお聞きいたします。

◆診断の精度が上がる
1日3時間以上リワークのスタッフが患者様と接しているため、診察の時間内では見つけにくい症状等の発見につながり、診断の精度があがります。

◆治療の精度が上がる
診断の精度が上がることにより、より的確な治療プログラムを組むことが可能になると同時に、治療に時間がかかる場合や集団での治療が必要になる場合でもリワークのプログラムと合わせることでより治療効果が上がります。

◆再発予防に繋がる
身体機能が通常に戻るだけではなく、自己分析を行い自己対処能力のアップまでをプログラムに入れ込んでいるため、再発の予防につながります。

◆診療の効率が上がる
リワークプログラムにて1日3時間以上スタッフと一緒に過ごすため、人に話を聞いてもらうという欲求が既に満たされており、必要な話だけに注力して話すことができ、診察の時間がより短くなります。

◆ドクター以外での売上が立つ
ドクターの診察以外の部分で売り上げが立つこともあり、お一人で頑張る体制から組織全体で売り上げを上げる仕組みへと変わります。

◆差別化要素に繋がる
リワークがあるということで、経営の体制として差別化要素となり、集客やブランディングにつながります。

そもそも、リワークとは?

リワークとは、精神科デイケア・ショートケア・ナイトケアを活用し、復職を目指す方に向けたるサービスを指します。

現在は、社会のありように合わせ働き方の形が多様化しておりますが、一般には企業に出社し毎日仕事が出来る状態をめざすしております。
そのため、休職をしている患者様が正常の身体機能に戻った後に、職場復帰後に感じるストレスにも耐えうるレベルまで訓練をしていき、復職準備性を上げていくことが必要になります。

また、復職後もショートケア等に働きながら実際に会社に慣れていく部分までもフォローアップシステムとして活用しているクリニック様もございます。

どうやってリワークを始めるのか?

実際にリワークを始める方法として下記のようなステップを踏んでいただきます。

①外来の強化
リワークを成功させるためにも、クリニックにご来院いただいている患者様の数が非常に重要になります。そのためファーストステップとして外来の強化を行います。

②診療の効率化
外来だけに忙殺されてしまうとなかなか取り組みが進みにくい為、外来の患者数が増えてきたタイミングで満足度を上げつつお一人当たりにかかる時間を短くするための施策に取り組んでいただきます。

③各種申請
リワークの担当者様を決めていただいたら、その担当者の方にリワークの施設基準等を必要な場所まで提出していただきます。

④ご利用者様を増やすための施策
開始をしたらそのまま勝手にはご利用者様は増えてきません。そのためいかにしてご利用者様を増やすのかという部分をご担当者の方と一緒に進めていきます。KPIを追いながら会議を実施いたします。

⑤治療効果をさらに上げていき、卒業者を増やしていく
プログラムを常にブラッシュアップを続けるために、外来との連携をしていきます。会議を通じて外来との連携や、会社の人事担当の方との連携等を図ります。

成功モデルのご紹介

山梨県甲斐市に2008年に開業した、地元に密着した心療内科クリニック様です。

現在、小規模ショートケアにて医療リワークを開始し
◆満足度95%
◆復職率90%
◆稼働率70%
◆利益率30%
を誇っております。

プログラムとしては、認知行動療法やPC作業等も行っておりますが
利用者全員でタコ焼きを作成したり楽器を叩くなど
集団的なコミュニケーションを活性化させるコンテンツも多く盛り込んでおります。

今回、そんなモデル企業である響ストレスケア~こころとからだの診療所の大橋先生をゲストにお招きしてセミナーを開催することを決定いたしました。

大橋先生には
☑ リワークを立ち上げてからのストーリー
☑ 実際の運営の写真や動画を交えて解説
☑ リワーク運営のポイント
☑ 経営に行き詰まりを感じている方に向けて
といった内容をお話いただきます。

リワークを実際に成功させていくための考え方や、実際のプログラムを知りたい方は是非是非ご参加いただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

郊外型 リワーク強化クリニックの創り方セミナー

郊外型 リワーク強化クリニックの創り方セミナー

【セミナー】郊外型リワークの成功モデルを徹底解説!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

野中 達裕

早稲田大学を卒業。船井総合研究所に入社。看護師、理学療法士、放射線技師、医療事務などの専門職採用に注力し、小規模から大規模の法人の採用まで規模に合わせた幅広く実績を持つ。また、現場での勤務経験を活かし、医療現場の生産性向上のための診療効率化に対する提案に定評がある。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×