業績アップに欠かせない【経営数値の分析方法】

2022年05月13日 (金)

科目:
耳鼻咽喉科
コラムテーマ:
経営計画 経営管理

こんにちは。
船井総合研究所の井上でございます。
いつもめでぃまがをお読みいただき、ありがとうございます。

本日は、『業績アップに欠かせない【経営数値の分析方法】』というテーマでお送りいたします。

業績アップを目指す中で抑えておきたいポイントの一つに、「適切に経営数値が見れているか」ということが挙げられます。

「保険点数」や「レセプト枚数」といった”結果”のみを定点観測していても、それは分析とはいえず、また的確な打ち手を導き出すことはできません。

分析すべき項目と、そのポイントを解説いたします。

■保険点数
 ┗レセプト枚数(実人数)
 ┗レセプト単価
保険点数は、人数×単価の結果となります。それぞれの要素がどうなっているのかを確認してください。
耳鼻咽喉科において、直近ではコロナの影響でレセプト枚数は伸びにくい傾向があります。
そのため、レセプト単価がとても重要となります。

決して必要のない検査をどんどんやって単価を上げてくださいという話ではありません。
あくまで、患者様にとって必要な検査をしっかりと行っていただければと思います。

さらに今は、診療報酬改訂が追い風となっております。
毎月のレセプト単価を確認して、適切な範囲で単価をあげていきましょう。

また、ファイバー、ティンパノ、聴力検査など、主要な検査は毎月カウントしましょう。
”増やしたいものは計測する”というのが、何かを増やしたいときのポイントです。

■レセプト枚数
 ┗新患数
 ┗再初診数
 ┗再診実人数(レセプト枚数から新患数と再初診数を引いた数値)
レセプト枚数は、上記の3つの数値に分けることが出来ます。
それぞれの項目ごとに、取るべき施策が変わってきます。

例えば、この3つに分解して見れていない場合、「新患数は順調で、再初診、再診実人数に課題があるのだが、HP強化・WEB広告にだけ力を入れてしまう」といったようなことが起こってしまいます。
HP強化・WEB広告など新患を増やすアプローチと、再初診や再診実人数を増やすアプローチでは施策が変わってきますので、分析をしっかり行わなければ、適切な打ち手は見えてこないのです。

新患数の基準は下記を参考にして下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新患がレセ対比率が20%を切っていると医業収入が伸び悩む可能性が高い。
※3000名以上/年の場合は例外
(再初診・再診が多く、比率が小さくなっているだけとなります)
※あくまで可能性です。例外はあり、再初診・再診が多く伸びていくこともあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■平均通院回数(延べ患者数÷レセプト枚数)
平均通院回数は、コロナ禍では低い数値で推移し続けております。
また、通院回数は先生方の診療スタイルによって決まってくることが多いので、考えていただくこととして、本来再診してほしい患者さんが再診で来ていないということがあれば、再診の必要性や次回受診日のメモなどを渡して受診を促していきましょう。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回のめでぃまがが皆様の参考となれば幸いです。

【コロナ禍でも伸び続けている医院から学ぶオンライン視察ツアーのお知らせ】

コロナ禍でも伸び続けている医院から学ぶオンライン視察ツアー

弊社のクライアントの中でもコロナ禍にも関わらず、
大きく成長されている耳鼻科医院様を徹底解説するオンライン視察ツアーを開催いたします。

<ゲスト医院のこんなところがすごい!>
・コロナの影響を受けても3か月で過去最高売上までに回復!
・耳鼻科1医院1ドクターでもコロナ禍で1.6億円から2.5億円に急成長!
・1時間32名診察の超効率的診察!
・昨年5月にクリニック経営の指南本「「最強のクリニック経営術」を執筆

本セミナーのゲストの先生の取り組みやお話しを聞いていただくことで、先生方のモチベーションがさらに上がっていくことは間違いないと断言できます。
ぜひ、ご参加ください。

【セミナー概要】
■日時
2022/06/05 (日)13:00~16:30
2022/06/19 (日)13:00~16:30
〈お申し込み期限につきまして〉開催日4日前までとなります。(銀行振込ご希望の場合は開催日6日前までとなり、それ以降はクレジット決済のみとなります)

■開催方法
ZOOMによるオンライン開催(PC・スマホでどこからでも参加可能)

■費用
・一般価格 10,000円 (税込 11,000円)/ 一名様
・会員価格 8,000円 (税込 8,800円)/ 一名様

★セミナー詳細・申込はこちらから★
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/087627

自院がどう変わっていけばいいのか迷っている先生は是非、無料経営相談だけでもご活用いただけます。
▶無料経営相談のお申し込みはこちらから◀

無料経営相談では、貴院の状況をお伺いさせていただき、どういった取り組みをしていけばよいのか、他の耳鼻科クリニックの状況はどうなっているのか、集患・採用・スタッフマネジメント・診療効率化など幅広くご相談いただけます。

少しでも先生のお力になれればと思っております。
何かお困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

井上 駿

プロフィール詳細

入社後、クリニック、法律事務所のコンサルティングを行ってきた。
現在はクリニックのコンサルティングに専門特化し、耳鼻咽喉科コンサルティング部隊の統括を行っている。
webマーケティングを活用した集患サポートや、スタッフマネジメントを通じた診療効率化サポートを得意とし、多くのクライアントから高い信頼を得ている。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×