vol.81「医療法人の事業継承」

2016年2月1日配信

みなさん、こんにちは。
船井総合研究所の北里です。
 
今回は「医療法人の事業継承」についてお送りいたします。
 
私のクライアントは、60代の院長も多いため、
最近は事業継承の話がよく出ます。
 
だいたい5年~10年以内には継承とうイメージです。
 
ご子息がドクターで、世代交代による事業継承もあれば、
完全に事業譲渡する第三者継承の場合もあります。
 
世代交代の場合にポイントになるのは、相続税です。
あるクライアントでは、ご子息へ事業継承をすると相続税だけで1億との試算が出たそうです。
この場合は、節税スキームを構築する必要があります。この対策で数千万の節税になることもあります。
 
一方、第三者継承となると、売却額を最大化したいということになるので、価値の最大化が必要になります。
第三者継承の場合、建物を抜けばだいたい月の診療報酬の3~5ヶ月が売却額の目処になります。
 
事業継承をお考えの場合は一度、プロに相談すべきでしょう。
 
顧問の税理士さんは残念ながらこのあたりに詳しくないケースも多いようですので、ご注意ください。
継承の3~5年前くらいを目処に、1度ご相談されるのがベストかと思います。
 
 


無料ダウンロードコンテンツ

今回の担当コンサルタント

医療・介護経営支援部

北里 淳(キタザト ジュン)

2005年青山学院大学卒業後、船井総合研究所入社。
入社以来一貫して医療業界のコンサルティングに携わり、保険を主体とした一般皮膚科の活性化を中心に、一般皮膚科への自費診療導入~活性化に関するノウハウに定評がある。
現在は医療経営コンサルティングチームにて、幅広い診療科目のクリニック、総合病院のコンサルティングを手がけている。
自身がアトピー性皮膚炎を患った経験から、患者心理を理解し、患者を中心に据えた医院経営をモットーにしている。

 
 

>>お問合せ・無料経営相談

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×