船井総研医療経営ニュースメールマガジンめでぃまが!vol.17 「医療機関が介護事業への参入を成功させるコツ」

2015年2月14日配信

■╋■╋■━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
╋■╋■┛ 船井総研医療経営ニュースメールマガジン「めでぃまが!」
■╋■ 2014年10月3日号 
       『医療機関が介護事業への参入を成功させるコツ』
■━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
医療機関が介護事業への参入を成功させるコツ
皆さま、こんにちは。船井総合研究所の上藤と申します。
日本の高齢化が進む中で、医療機関もその影響を避けることはできません。
科目にもよりますが、
内科・整形外科・眼科など、比較的患者様の年齢層が高い科目では、介護事業に参入される医院が増えてきているように思います。
私が専門にしている整形外科では、
高齢化が進むにつれて介護サービス(デイサービス、デイケア、訪問リハなど)を利用する患者が増え、
これまでに比べて整形外科への来院回数が減ってしまう、あるいは来なくなってしまうということが現実に起こり始めています。
(整形外科に通っていたことの代わりに、介護サービスを利用するようになるのです。)
実際に、「デイサービスに行くようになったから、通院する回数が少なくなった」といったことを
患者から聞くことが増えてきたということを先生方から良くお聞きします。このような話を聞くと、
やはり「医療」と「介護」は近い存在なのだな、と改めて感じます。
このような問題への対策として、冒頭でお話したように介護事業に取り組み始める医院が多いようです。
弊社にも「どの業態(デイケア、デイサービス、訪問リハなど)で介護事業を始めるべきか」などといった、
「医療機関が介護への参入を検討する」相談が増えてきています。
通所施設での参入を検討されている場合は、比較的利用者を集めやすい「デイケア」での参入を基本的にオススメしています。
競合環境が非常に激しいデイサービスに比べ、ケアマネからの利用者紹介を得やすいのが理由の一つです。
上記はほんの一例ですが、科目や医院エリアの介護施設の競合環境などで、
参入する際の最適な業態・コンセプトは違ってきます。もし貴院が介護事業への参入をお考えの場合は、
参入前の業態と施設のコンセプト決定(リハビリ特化など)のために事前の準備・調査を行っていただきたいと思います。
船井総研でも、介護事業参入を成功させるための「調査・方向性提案」を行っています。
ご検討の方は、お気軽にご相談ください。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【商品情報】
☆圧倒的地域一番皮膚科医院の作り方公開セミナー
 http://www.funaisoken.co.jp/goods/314222.html
 今年2月に開催された皮膚科医院向けセミナーのテキスト&CDを好評販売中!
 2013年に圧倒的に飛躍した4つの皮膚科ビジネスモデルを大公開!
☆船井総研医療カタログ
 http://8.gigafile.nu/?d8441a07194ad7d87b877e3c3a62e680a-1010
 船井総合研究所が医療に携わる皆さまへお届けできる研修のご案内です!
 「スタッフの意識を変えたいがどうしよう」
 「新人の教育をしたいが、時間もなければノウハウもない」
 という方はぜひ上記URLへ!1週間限定の配信です。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
経営相談などがおありの場合は、
【経営相談窓口TEL】0120-958-270(フリーダイヤル)
           受付時間: 平日 10:00〜18:00
(お問い合わせの際は、「めでぃまが!を見た」とお伝えください)
メールマガジンの配信停止は下記のURLよりマイページにログインし、
「メルマガ情報」で手続きを行なってください。
http://www.funaisoken.co.jp/mypage/index.html
マイページにログインできない方は、
配信停止希望のメールマガジン名を明記して、
webmaster@funaisoken.co.jp 宛にご連絡ください。
発行元 株式会社船井総合研究所
http://www.funaisoken.co.jp
船井総研医療ニュースメールマガジン「めでぃまが!」
 
 


無料ダウンロードコンテンツ

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

 //それ以外の場合

デジタル化戦略レポート