船井総研医療経営ニュースメールマガジンめでぃまが!vol.14 「医療ビッグデータの活用」

2015年2月14日配信

■╋■╋■━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
╋■╋■┛ 船井総研医療経営ニュースメールマガジン「めでぃまが!」
■╋■ 2014年9月12日号
           『医療ビッグデータの活用』
■━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
〜ビッグデータの活用〜
近年、IT化の進展とともに、IT上に蓄積されたデータを活用してマーケティングを実施していく流れが生まれています。
主に、顧客データの分析により顧客特性や顧客の嗜好性を抽出し、商品販売に生かそうという試みがなされています。
実は、医療機関にこそ、このビッグデータの活用が有効と言えます。
他業種では、通常医療機関ほど顧客の個人情報を入手することは難しく、手を替え品を替え、費用をかけて個人情報を取得しています。
先生方の、医院のレセコンや電子カルテにはこの情報が眠っています。
・疾患別患者データ
・顧客の性別、年齢
・顧客の居住エリア
・顧客の購買行動(来院頻度など)
などをみていくと、経営上どの部分が課題となっているかは一目瞭然です。
地域において、どういった性別のどういった年齢層が主要顧客となり(ターゲット選定)、
どのような疾患が多く(商品選定)、
どこで売るか(商圏設定)、
どのように売るか(販促計画)
が決まるのです。経営用語で言えば、4P戦略です。
1番生かしやすいのはWEBサイトです。ホームページには、ビッグデータから導き出された自院の商品(治療)をしっかりと表現してください。
ホームページを見た方が、私の病気を治してくれる医院と認識してくれます。
近年、首都圏を中心に医療機関も競争環境が進んでいます。今までなんとなくやっていた経営から、エビデンスをもとに経営スタイルを変えることで、競争に負けない医院づくりが可能になります。
最近、競合医院ができ、患者数がピーク時より減っていると感じている医院さんは、是非ご参考下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

メールマガジンの配信停止は下記のURLよりマイページにログインし、
「メルマガ情報」で手続きを行なってください。
http://www.funaisoken.co.jp/mypage/index.html
マイページにログインできない方は、
配信停止希望のメールマガジン名を明記して、
webmaster@funaisoken.co.jp 宛にご連絡ください。
発行元 株式会社船井総合研究所
http://www.funaisoken.co.jp
船井総研医療ニュースメールマガジン「めでぃまが!」
 
 


無料ダウンロードコンテンツ

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

 //それ以外の場合

デジタル化戦略レポート