船井総研医療経営ニュースメールマガジンめでぃまが!vol.11 「よりよい医療スタッフの確保と、育成の仕組みを整えるには」

2015年2月14日配信

■╋■╋■━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
╋■╋■┛ 船井総研医療経営ニュースメールマガジン「めでぃまが!」
■╋■ 2014年8月22日号
■       『よりよい医療スタッフの確保と、育成の仕組みを整えるには』
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
医療経営において、非常に大切なテーマが『人』。
特に『人材確保』と『人材を育成する仕組みをいかに整えていくか』が重要となります。
ここ数年、新人の現場育成が急激に変化しています。現場では、今まで通用していた教え方が通用しない!という声が上がり、我々への相談件数も増加しています。
この背景には、教育・家庭環境・情報通信の変化によって人と人とのコミュニケーションの在り方そのものの変化が挙げられます。いつの時代にもジェネレーションギャップは存在しましたが、通信機器の発展はめざましく、思いのほか、コミュニケーション活動そのものに影響しているのではないでしょうか。
実際、現場では『常識が通用しない』『気づく・先読み行動ができない』『言われないと動けない』という声多く耳にします。伝えたことが、伝わっていない『コミュニケーションエラー』になってしまい、先輩スタッフは、チェックが増え仕事が進まないということが起きています。
医療現場で必要な『次に起こる事を予測し、判断し、行動する』という3つの中で、最も最初の『予測する』『気づく』力が低下していると考えられます。
肌感覚では、気づけないとわかっていても、ついつい「なんで気づかないの?」「なんでこんな事をしたの?」と『何で?』とつい相手に迫ってしまいます。
実は、『なぜ、どうして』を言い過ぎると、詰問されているように受け止められ、かえって『考える』ことができなくなってしまいます。
もし、このように「なぜ・どうして」と良く言っているな、それでも相手は反応しないので、教え方に困る!という方がいたら、『ここまで言わないといけないの?』その壁をいったん払拭してください。
『気づくべきポイントを伝えた上で、今はどうすれば良かったのか?』を考えさせる質問を考えてみてください。個別化・多様化した人材の育成には、教える側の固定観念の払拭が必要です。『新人たるものこうあるべき』このあるべき論から少し自由になると、教える側のストレスも軽減され、思っている以上に育成が上手く行くケースが多くなっています。
まずは、新人を育成する前に、個別化・多様化した人材を育成するための、『教え方・伝え方』を工夫するトレーナー教育が重要です。人材育成ならびに、現場での教え方伝え方に関して悩んだら、船井総研までご相談ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

メールマガジンの配信停止は下記のURLよりマイページにログインし、
「メルマガ情報」で手続きを行なってください。
http://www.funaisoken.co.jp/mypage/index.html
マイページにログインできない方は、
配信停止希望のメールマガジン名を明記して、
webmaster@funaisoken.co.jp 宛にご連絡ください。
発行元 株式会社船井総合研究所
http://www.funaisoken.co.jp
船井総研医療ニュースメールマガジン「めでぃまが!」
 
 


無料ダウンロードコンテンツ

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

 //それ以外の場合

デジタル化戦略レポート