2020年度|整形外科経営で大切にしたいこと

2020年1月7日配信

こんにちは。

メールマガジンをお読みいただいている皆様、明けましておめでとうございます。
本年も、何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、
新年初回のメルマガでは、「2020年度 整形外科経営で大切にしたいこと」と題してお送りさせていただきます。

—————————————–
■今回の内容
1.医院の周知でホームページを持つことが不可欠
2.運動器リハ中心へ移行する最後のチャンス?
3.患者集めよりも、従業員集め、が大変になってくる
4.“長く働ける仕事”かどうか、再考するタイミング
5.変化の時代に備えて。
—————————————–

医院の周知でホームページを持つことが不可欠

新患の患者様が医院を選ぶ際に、60歳以下の方はほぼ医院のホームページを見るようになってきました。来院きっかけのアンケートを行う医院では、40%以上の患者様がホームページきっかけ、と答えることもあります。

これからは、医院のオリジナルホームページを作ることは、必須です。

運動器リハ中心へ移行する最後のチャンス?

以前から、弊社では整形外科での運動器リハ拡充をご提案してきました。
治療方法としてもより良い選択であり、患者様への利益になり、それが医院の繁栄に繋がる経営戦略であるからです。

1日にリハビリを受ける患者様のうち、80%以上の方が運動器リハを受ける整形外科。
これが、弊社が定義する「運動器リハ中心の整形外科」です。
2020年、2021年の2年間は、それを実現するための最後のチャンス、かもしれません。

現在、メディアにて取り上げられている、2022年に後期高齢者の自己負担を2割へ、という話題。これが現実になった場合、物療の患者様の多くが、来院頻度が下がる可能性があります。このタイミングが、業績が大きく下がるきっかけになる医院が増えるのではないか、と予想しています。

このタイミングの前に、「運動器リハ中心の整形外科」への進化を行って頂きたいと考えています。

患者集めよりも、従業員集め、が大変になってくる

この2年ほどで、労働者の意識が大きく変わってきています。
政府主導の働き方改革、という言葉が世の中に浸透し、有給の取得義務化などの労働環境整備、最低賃金の上昇、外国人労働者の増加、など、じわじわと、確実に国内の労働環境が変化してきています。

医療機関もその流れから逃れることはできません。
整形外科で必要とされる職種において、特に影響を受けているのが、医療事務とリハビリ助手、です。
この2職種が、明らかに採用条件が上がってきている、または、求人が来ない、という状況になっています。そして、これは、これからも変わりません。むしろ、もっと進んでいきます。

“長く働ける仕事”かどうか、再考するタイミング

医療事務・リハビリ助手、という職種は、整形外科診療所において、縁の下の力持ち、という表現がピッタリの、目立ちはしないし、直接的な診療報酬に繋がるものではないが、必要な存在、であり、一番労働時間が長くなりがち、です。そして、一番給与が低い職種、でもあります。“ブラックな職種”といっても良いかもしれません。

このご時世、コンビニの店員も、首都圏だけでなく、地方も、だんだんと日本人は働かなくなり、外国人の方が働くようになってきています。
これからは、ますます、「○○事務」と名前がつくような仕事や、時間の拘束が長く、賃金が低い職種は、日本人が選ばなくなってくるのではないかと思います。

そういった時代が来ているこのタイミングで、改めて、今の医院に必要な仕事・職種は何か、それにはどの程度の賃金が適切か、働く従業員が長く働きたいと思うようなキャリアプランはなにか、などを真剣に考えて頂きたいと思います。

変化の時代に備えて。

これからの10年で、着実な経営を実現していくためには、時代に合わせ、いえ、時代を先読みし、それに先駆けて、変化を遂げていくことが、間違いなく必須になってきます。

2020年の今年は、その初年度、として、今回お伝えしたような内容を参考に、医院の進化を遂げて頂きたいと思います。

今回は「2020年度 整形外科経営で大切にしたいこと」
と題してお伝えいたしました。

ご不明な点がありましたら、お気軽に弊社までご相談くださいませ。
次回のメールマガジンもお楽しみに!

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×