プロダクトアウトの何が悪い?

2015年08月23日 (日)

コラムテーマ:
病院
■「プロダクトアウト」 
一般的に、「当たらないものの代名詞」。
でもそうなのか?
■プロダクトアウト発想の何が悪い。
そのプロダクトアウト発想が、人間性に適い、多くの人に共感されればそれでいいじゃないか。
■そもそも「“多くの人がこう思うだろうから”自分はこれを発信しよう、商品にしよう」
という思考回路自体、最終的に「自分はこう思う」というのを発信するわけだから、
全てのものが、ことが、言葉が“プロダクトアウト”なのです。
■だから、どこまでも、自分の人間性を上げ、人間性に適い、多くの人に共感される、好きになってもらえる在り方を志向し続けることが本質。
その結果として、マーケットイン・カスタマーフォーカスが、現象になるだけ。
■「自分が欲しいものが売れる」
なぜなら、自分が一番のスーパーカスタマーだから。
自分に共感する人がたくさんいるから。
■そのために、原理原則に適った人間性、判断軸を高め続ける、成長し続けることが大事。
■人間性の低いプロダクトアウトは共感されない。
人間性の高いプロダクトアウトは共感される。
ただそれだけ。
■現象だけ追っかけても、本質は掴めない。
出来事の背景に流れる、人の心と感情の動きを見つめないと、本質は掴めない。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

上藤 英資

プロフィール詳細

入社以来、診療所のコンサルティングに従事。現在は整形外科を専門にコンサルティングを行っている。整形外科の集患強化・スタッフマネジメント・採用教育支援を行う。近年は整形外科が取り組む介護事業(デイケア、デイサービス、訪問リハ、居宅介護支援事業所など)の立ち上げ、活性化支援も手がける。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る