【コロナ渦で成長率200%】たった1年で1.5億→3億を実現した整形外科医院が実践した取り組みとは?

2021年01月25日 (月)

科目:
整形外科
コラムテーマ:
経営計画 コロナ対策

皆様、いつもメルマガをお読みいただき、誠にありがとうございます。
船井総合研究所の伊佐と申します。

本メルマガは特別号外でお送りいたします。

 

特別ゲストを招聘!

2020年度 総売り上げ 3億円(2019年度:1.5億円)

2020年に新型コロナウイルス感染拡大で大打撃を受けた本業界において、
「増員なし、拡張なし、スタッフ主導」で昨年対比200%と業績が上がり続けた、
医療法人社団 スマイル&ファイン
いしがみ整形外科クリニック
理事長 石神 等 氏を特別ゲスト講師としてお招きし、
「2021年 整形外科 圧倒的地域一番医院の創り方セミナー」を開催しております!

▼お申し込みはこちらから▼
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/067760/

 

アフターコロナによる業績の二極化の顕在化 ~2021年も続く?~

緊急事態宣言が発令された2020年4月, 5月の整形外科診療所のレセプト件数は
2019年同月比20%減と発表されました。
(※ 厚生労働省「医療保険制度における新型コロナウイルス感染症の影響について」より一部抜粋)

その後の6月以降は、昨年対比120%成長を続ける医院と
昨年対比80%でなかなか業績が戻らない医院の二極化が顕在化しております。

実際、成長を続けている医院では
「 患者数が増えたことにより、残業が増えてしまって困っている 」
「 1日の患者数をあえて上限を設けています 」
「 患者数を抑えたいので広告の運用などを少なくしました 」
などのご意見をいただくなど
このような状況を追い風に感じている経営者様もいらっしゃいます。

今後は二極化がさらに加速し、成長を続ける医院と、業績が戻らない医院との差は埋まらないものとして、今後も開いていくことが予測されます。

「 では、どのような対策を行うと成長企業の仲間入りが可能なのか 」

特に、そのような疑問を持たれた先生方に向けて
今回セミナーをご準備させていただきました!

本セミナーでは、なぜ2極化が起きるかといった理由を踏まえ、業界動向をお伝えした後、
「 増員なし! 」「 拡張なし! 」「 スタッフ主導! 」にて
「 昨年対比200%業績が上がり続けた 」いしがみ整形外科クリニックの事例を基にコロナ禍でも業績を上げ続けた秘訣を余すことなく、徹底的に解説させていただきます!

 

特別に「業績が上がり続けた秘訣」の一部をご紹介!

【意識的に取り組んでいただいたこと】
① 運動器リハの強化
② 再生医療・骨粗鬆症治療による自費診療の強化
③ 自賠責の強化
④ 集患の強化と患者の定着・ファン化
⑤ 増患を回転率で補う診療効率化の推進
⑥ 短時間で効率的なミーティング法の定着

これだけの業績を達成するためには、様々なアクションが必要になります。
また、がむしゃらに全ての施策を行うのではなく
業績アップに繋がる効果的なアクションを順番に選択しなければいけません。

本セミナーは、参加された皆様にしか聞くことができない、
業績を上げるために効果的なアクションをお伝えさせていただきます!

 

「2021年 整形外科 圧倒的地域一番医院の創り方セミナー」のご案内!

第1日目に参加された皆様からは、
「大変満足した」「明日からも活用したい」といったご意見をいただいております!

本セミナーはオンライン開催のため、パソコンがあればどこからでも受講できますので、
第1日目に惜しくも参加できなかった先生は、
残り3日間の中からご都合の良い日程でご参加ください!
(※2日目のお申込みの締め切りが間近になっておりますので、お早めにお申し込みください)

▼お申し込みはこちらから▼
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/067760/

■開催日時
1日目:2021年1月17日(日)13:00~16:30 @WEB
2日目:2021年2月 7日(日)13:00~16:30 @WEB
3日目:2021年2月14日(日)13:00~16:30 @WEB
4日目:2021年2月21日(日)13:00~16:30 @WEB

▼お申し込みはこちらから▼
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/067760/

■こんな先生にお勧め
☑業績が下がってきてしまっている
☑コロナ禍において業績が上がらなくなってきた
☑もっと生産性が高いクリニックにしたい
☑スタッフ主体でクリニックを盛り上げたい
☑整形外科の今後の打ち手を悩んでいる

■本セミナーで学べる内容
① コロナ禍における整形外科の業界動向
② 高生産性のクリニックでの取り組み
③ スタッフが主体的に動く組織づくり
④ 現状の整形外科の集客体制のトレンド
⑤ 今後の整形外科のクリニック運営の方法

■講座内容
第一講座
最新の整形外科クリニックの業界動向

第二講座
スタッフ主体の高生産性医院の軌跡
~圧倒的地域一番の高生産性の医院になるまでの軌跡~

第三講座
圧倒的地域一番医院創りに向けた10のステップ

第四講座
本日のまとめ・実行していただきたいこと

詳細URL⇒https://www.funaisoken.co.jp/seminar/067760/

■オンラインセミナー視聴に必要なもの
①インターネットに接続されたパソコン
②イヤホン
上記の2つをお持ちであれば参加可能です。
詳細な流れ、使用ソフト等はお申込み後、順次ご案内差し上げます。

▼お申込み・詳細はこちらから▼
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/067760/

たくさんのご応募をお待ちしております!

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

伊佐 常紀

プロフィール詳細

神戸大学大学院にて、博士号(保健学)を取得。複数の査読付き英語原著論文を執筆。理学療法士として整形外科クリニック、看多機に5年間勤務。研究活動、臨床経験と幅広い経験を活かして、地域の中で生涯を健康に過ごせる社会を実現するため、一つひとつの法人が抱える課題に寄り添い、院長やスタッフの皆様が目指す医院作りをサポートしている。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る