「遊び心を医院経営に」~美容皮膚科・皮膚科の経営コラム~

2020年1月24日配信

いつも大変お世話になっております。
船井総合研究所の寺嵜孔希です。

さて、今回のメルマガでは、「遊び心を医院経営に」と題して、お送りします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今回のメルマガの内容
1.遊び心を取り入れた事例
2.職員がイキイキ働く職場作りのヒント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 1.遊び心を取り入れた事例 】

最近、私のクライアント医院では、職員の趣味や特技をうまく経営に取り入れることで、職員にとっては自分自身の居場所ができ、居心地が良くなったのか、職員が今まで以上に前向きに仕事に取り組むようになった医院が増えてきました。

例えば、ある医院では運命学に長けた職員が患者さんを心中で診断しながら独自の美容カウンセリングをしているという話をしていたので、せっかくならと、その運命学を皆の前で発表してもらい、ワイワイ・ガヤガヤと職員同士でお互いの理解を深めた医院があります。

他には、バレーボール部出身の方が多い医院では院内でチーム編成を行い、地域の大会に皆で出場しており、その風景が楽しそうなのでSNSにアップして採用にプラスの影響を与えています。

ある医院では、トップ事務職員さんがカウンセラーの資格も持っているようで、心理学の視点から上手にスタッフマネジメントをしてくれているおかげで、離職するスタッフが非常に少ないという医院もあります。

【 2.職員がイキイキ働く職場作りのヒント 】

このように、例えば絵が好きな職員がいれば、その絵を医院の壁に飾ってあげても良い訳です。

あるいは、飲み会が好きな職員がいれば、医院の飲み会の幹事役を引き受けてもらって、最高の飲み会を開催してもらうものアリです。

料理が好きな人がいるなら、医院の待合室に今月のおススメ献立的なPOPを作ってもらって、待合室を賑やかにしてもらっても良いのです。

つまり、何が伝えたいかと申し上げますと、職員の長所・特技・趣味にきちっと目を向けて、それを許容する遊び心を持って経営することは、イキイキ働く職場作りにプラスの影響を与えるのでは?ということです。

誰だって、自分を理解してくれて、それを受け入れてくれて、後押ししてくれるような職場には、もっと貢献したいと思うし、頑張ろうと思ってくれると思います。

ご参考まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ゼロから学ぶ「注入技法のセミナー」のご案内】

《2020年2月9日、東京にて開催》

注入実績50,000症例超え!
凄腕医師によるヒアルロン酸注入技法セミナーに参加して今年はシワ・たるみ治療を頑張ってみませんか?

学会でも聞けない深い話が飛び交う人気企画で既に20名以上の方からご応募をいただいております!

▼詳細はこちら
http://go.funaisoken.co.jp/Y0X0i1Mr000000002LS0CN1

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート