皮膚科経営と看護師不足

2011年02月27日 (日)

科目:
皮膚科
コラムテーマ:
採用

どうも、皮膚科コンサルタントの北里です。
現在の看護師不足は、皮膚科においても同じ状況です。
特に、地方において看護師の採用は非常に難しい状態です。
しかし、そんな中でもうまくハローワークを活用することで、
ある程度の反響が地方でも見込めます。
ハローワークのポイントは2つです。
一つ目は、
とにかく内容を埋めること。空欄はできる限りつくらないように
して下さい。
細かいポイントはもっとありますが、まずは埋めることです。
二つ目は、
月頭の月曜日にだすこと。
これは以外と知られていないことですが、
月頭の月曜日に内容が更新され、上位表示されやすくなるのです。
ちょっとしたポイントですが、知っているかいないかで
雲泥の差なのです。
今の時代は、情報が非常に大切です。しかも、生きた情報が。
あまり、危機感がまだない皮膚科医院の院長も多いですが、
是非、ご参考ください。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

北里 淳

プロフィール詳細

医療機関のコンサルティングに10年以上の経験を持つ。
診療所(内科、皮膚科、耳鼻科、産婦人科)から病院まで幅広いコンサルティングを行っている。
現在は、医療分野全体を統括し、病院経営を中心として現場主義を徹底し、クライアントの業績アップ、幹部育成などのマネジメントを行っている。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート