皮膚科クリニックの患者数の目安

2011年02月12日 (土)

科目:
皮膚科
コラムテーマ:
経営管理

どうも、皮膚科コンサルタントの北里です。
皮膚科医院における経営数値の目安をご存知でしょうか。
これは、私が今までコンサルティングを行ってきた現場で構築した
指標です。
※私の指標ですし、一般皮膚科を対象とした数値なので、
美容皮膚科などは少し違うのでご注意下さい。
①患者数
繁盛医院(あまり言葉が好きではありませんが、、)の指標は、
1日の患者数が100人を越えるかどうかだと考えています。
地域一番医院と言うと、閑散期(10月~5月)あたりでも、
1日平均患者数が100人を超えた医院だと言えます。
②新患数
1日の患者数のうち2割程度と考えてください。
100人であれば、20人程度です。ある程度しっかりとマーケティング
を行っている医院ではこのような形になります。
③販促費
年間医業収入の5%まで。
おそらく平均は、1%以下です。しかし、私は医業収入の5%までは
販促費に使うべきだと思っています。
④人件費
医業収入の15%~20%程度。
20%を超えてくると黄色信号がともるのでお気をつけ下さい。
⑤自費率
医業収入の20%が成功ライン。
とは言っても、医業収入1億で2000万円が自費というイメージをして下さい。
医業収入が5000万円クラスで自費率が20%となると、ちょっと問題です。
自費も良いですが、保険を増やすのが先決です。
⑥診療効率
アイチケット(予約システム)などを導入していると分かりやすいのですが、
先生の診察時間が3分以下が理想的です。4分、5分となってくると
診療時間内に診察が終わらない。待ち時間が2時間などの問題が発生します。
是非参考にしてみてください。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

北里 淳

プロフィール詳細

医療機関のコンサルティングに10年以上の経験を持つ。
診療所(内科、皮膚科、耳鼻科、産婦人科)から病院まで幅広いコンサルティングを行っている。
現在は、医療分野全体を統括し、病院経営を中心として現場主義を徹底し、クライアントの業績アップ、幹部育成などのマネジメントを行っている。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×