夏の繁忙期に疲れた院長のための経営セミナー

2012年09月16日 (日)

科目:
皮膚科
コラムテーマ:
診療効率化

皮膚科 経営コンサルタントの北里です。

私の出会ったある院長先生がこんなことを言っていました。

『皮膚科医は、夏の季節労働者みたいなもんだよ。。。。』

その先生の顔を疲れ切っていました。

夏になれば、2時間・3時間の待ち時間は当たり前。そんな医院さんが

多いのではないでしょうか?

患者さんからはクレームを言われ、

スタッフは疲れ切り、辞めたいと言い出す。

もしくは、給与を上げてくれと言い出す。

そして、院長も疲れていく。

そんな悪循環に陥る皮膚科医院をたくさんみてきました。

本来感謝されるべき医療が、いつからか文句ばかり言われる。

そんな皮膚科経営に終止符を打ちたい先生に向けて、

経営セミナーを開催いたします。

下記アドレスより、お申し込みいただけます。

http://www.funaisoken.co.jp/page.jsp?id=111729

船井総合研究所

皮膚科経営コンサルタント 北里淳

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

北里 淳

プロフィール詳細

医療機関のコンサルティングに10年以上の経験を持つ。
診療所(内科、皮膚科、耳鼻科、産婦人科)から病院まで幅広いコンサルティングを行っている。
現在は、医療分野全体を統括し、病院経営を中心として現場主義を徹底し、クライアントの業績アップ、幹部育成などのマネジメントを行っている。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート