医療業界の今後(TPPなど)

2013年01月22日 (火)

科目:
皮膚科
コラムテーマ:
業界動向

皮膚科 経営コンサルタントの北里です。
これからの医療業界は大きく変わる。
最近、よくそう思うようになりました。
医療業界は、規制に保護された特殊な業界です。
当然社会インフラとして必要な措置という側面もあります。
しかし、これからはこの医療業界にも今まで以上に『競争』という
概念が入ってくるのだろうと思っています。
国の成長戦略という話の中で、必ず
環境・エネルギー、医療、介護の3分野があがります。
成長戦略と聞くと聞こえは良いのですが、要するに
規制緩和をして、株式会社の参入などの
競争原理を持ち込み、業界を活性化しよう
ということです。
また、最近TPP導入の可否の話がよくあがります。
こちらも、外資の医療参入が検討されています。
外資、株式会社の医療業界へ参入。
また、その先には混合診療の解禁や広告規制の緩和という
話もでてくることでしょう。
混合診療の解禁については、ある程度ドクターの良識に
よって抑制が働く部分があるとは思いますが、
広告規制が緩和されれば、本当の意味で競争という概念が
医療業界に入ってくると思います。
広告合戦が過熱し、業界で二極化が進んでいく。
そんな映像が浮かんできます。
前回の記事で、足元をしっかり抑えた経営をしていきましょう。
というお話をいたしました。
背景には、こういった近未来予測があります。
不必要に危機感を煽るつもりはありませんが、
医療業界のコンサルタントとして、今自分ができることをしていきたい
と思っています。
大きな組織になることよりも、これからは変化に順応できる組織
づくりが必要な時代なのかもしれません。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

北里 淳

プロフィール詳細

医療機関のコンサルティングに10年以上の経験を持つ。
診療所(内科、皮膚科、耳鼻科、産婦人科)から病院まで幅広いコンサルティングを行っている。
現在は、医療分野全体を統括し、病院経営を中心として現場主義を徹底し、クライアントの業績アップ、幹部育成などのマネジメントを行っている。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート