クリニックこそが考えるべき「もし近くに競合ができたら?」

2012年07月08日 (日)

科目:
皮膚科
コラムテーマ:
経営計画

皮膚科 経営コンサルタントの北里です。
夏になりました。
患者さんが押し寄せ、疲労困憊の先生も多いのでは
ないでしょうか?
同時に、2時間、3時間と患者さんをお待たせしていたり
しませんか?
それでも、患者さんに満足してもらうために
先生が親切・丁寧に話を聞き、親切・丁寧に説明をする。
今は、それで良いかもしれません。
では、近くに皮膚科医院が新規開業したと考えて下さい。
同じように、患者さんをお待たせしていたら競合医院へ
患者さんが流出していくと思いませんか?
患者さんが離れるということは、患者さんを満足させられて
いなかったということです。
本当に患者さんが満足していれば、何時間待とうが患者さん
は離れません。
患者さんの満足が、いつの日からか先生の自己満足に
なっていたりしませんか?
一般企業ならば当たり前のことが医療機関という守られた
環境にいることで見えにくくなっていたりします。
患者さんの本当の声に耳を傾けられる医院づくりが大切です。
目の前の忙しさにとらわれず、一歩先を読める医院が本当に
患者さんに支持される医院なのだと思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

北里 淳

プロフィール詳細

医療機関のコンサルティングに10年以上の経験を持つ。
診療所(内科、皮膚科、耳鼻科、産婦人科)から病院まで幅広いコンサルティングを行っている。
現在は、医療分野全体を統括し、病院経営を中心として現場主義を徹底し、クライアントの業績アップ、幹部育成などのマネジメントを行っている。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート

×