【医療】「提案業」としての医師

2014年02月05日 (水)

科目:
皮膚科
コラムテーマ:
美容医療
こんにちは。
船井総合研究所 上藤です。

今日はご支援している皮膚科医院へお伺いして、
実際にどのように診察されているかを見学させていただきました。

医師の診察は、ひとつひとつが「提案」
患者さんひとりひとりに治療法を提案していく。
高い「観察力」と治療の「提案力」が求められる、相当タフな仕事だと今日現場を見させていただき、思いました。
だからこそ、美容医療はドクターの進め方次第

患者様も、信頼する医師のアドバイスは素直に受け入れます。

売り込みになってはいけませんが、
自費での治療に興味がある患者様に、美容医療のメニューを医師から進めることが、
一番誘導に繋がる方法であると、改めて実感した次第です。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

上藤 英資

入社以来、診療所のコンサルティングに従事。現在は整形外科を専門にコンサルティングを行っている。整形外科の集患強化・スタッフマネジメント・採用教育支援を行う。近年は整形外科が取り組む介護事業(デイケア、デイサービス、訪問リハ、居宅介護支援事業所など)の立ち上げ、活性化支援も手がける。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

デジタル化戦略レポート