湘南藤沢おぬき消化器クリニック

湘南藤沢おぬき消化器クリニック

小貫 建一郎 氏

湘南藤沢おぬき消化器クリニック(以下、当クリニック)は神奈川県藤沢駅の目の前に位置し、開業6年目にして地域医療を成り立たせるために欠かせない内視鏡クリニックとして注目されている。2015年に開業以来、”優しい医療”×”日帰り手術”をテーマに内視鏡と肛門科領域を中心とした急成長を遂げてきた当クリニックは今も尚成長を続けており、現在では月間400件の良質な内視鏡検査を地域に届けている。この医療機関としての成長は未だに衰えることなく、地域の需要に応えるように検査数は増加をしていく一方のようだ。本記事では、そんな湘南藤沢おぬき消化器クリニックの成長の秘訣に迫る

開業コンセプト

そもそも開業のルーツを辿ると、2015年に遡る。院長である小貫氏は前職では内視鏡検査と痔の日帰り手術を中心に経験を積んでおり、その過程の中で”自身が医療機関の中心となってより多くの検査を地域に届けたい”という思いが強くなっていったことが開業のきっかけとなった。開業当初は”立地”と”設備投資”にこだわり、開業初日から地域医療においてトップクラスの医療を提供することを意識していた当クリニックはその戦略が功を奏し、開業2年目には年間内視鏡検査数が3000件近くまで成長をしていった。驚異的ともいえる成長スピードを誇る当クリニックはその勢いで2019年には4000件を超える内視鏡検査を実施している。神奈川県は内視鏡クリニックの大御所と呼ばれる存在が多く、競合ひしめく環境の中でこのような成功を収められた実績をみると、この開業コンセプトは新規開業クリニックにおけるクリニック戦略の典型的な成功事例といっても過言ではないだろう。

医療機関としての強み

 現在院内の状況は一日の外来は100人を超えており、内視鏡検査は1日20件のペースで院内は回転しているという。クリニックレベルでここまでの規模感を発揮するクリニックは国内でも希少。この規模感の診察を行っていく上で、小貫氏が意識していることは患者に対して”とにかく丁寧に、とにかく優しく”という姿勢を大切にすることだという。この規模感でどのようにそのような意識を実現しているか、に注目をしてみると、確かに一般的な内視鏡クリニックよりもかなり患者満足度を意識している診察が行われていた。例えば内視鏡患者に対して、内視鏡検査は基本的に勤務医師が行うことが多いが、内視鏡患者の最初の外来と検査後の説明は全て小貫氏が行われていた。要は内視鏡検査の入口と出口を小貫氏が責任持って”優しく””丁寧に”行うことで、患者の不満の払拭、満足の向上を最大限まで充実させることを重視しているのだ。他の大規模内視鏡クリニックでは検査と説明を同一医師が行っているケースが一般的なように思うが、現にこのような成功事例をみると本当に患者に寄り添った形は当クリニックの内視鏡検査スタイルだと気づかされる。また施設機能としても、院内で下剤を飲まれる患者に対しては完全個室を用意しており、外来機能においては最新の予約システムを活用して待ち時間に対するストレスを緩和させている。このような細部にこだわった”丁寧”で”優しい”医療の形こそが当クリニックが急速成長できた一番大きな強みなのだといえるだろう。

今後の展望

 湘南藤沢おぬき消化器クリニックの今後の展望は非常にシンプルで、如何にして質を落とさずに検査数を増加させることができるか。この一点に尽きるようだ。そのためには外来の効率化や院内のスペース問題など、諸問題を解決する必要があるようだが、この現状を打破するための施策を既に小貫氏は持ち合わせていた。クリニック単体で月間400件の内視鏡検査を実施している時点で驚異的な湘南藤沢おぬき消化器クリニックが、今後更なる成長未来図を描いているとなると目が離せない。内視鏡検査の地域需要が増えていく中で小貫氏と当院がどのような躍進をするか期待していきたい。

>>お問合せ・無料経営相談

無料経営相談のご案内

弊社の病院・クリニック専門コンサルタントが貴院にご訪問、もしくはお客様に弊社までお越し頂き、現在の貴院の経営について無料でご相談いただけます。 無料経営相談は専門コンサルタントが担当させていただきますので、どのようなテーマでもご相談いただけます。

通常、コンサルティングには多大な費用がかかりますが、無料経営相談ではその前に無料で体験していただくことができますので、ぜひご活用いただければ幸いでございます。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る