2022年ではなく、2024年のダブル改定を見据えて押さえておきたいこと

2021年09月07日 (火)

科目:
整形外科
コラムテーマ:
経営計画 経営管理 業界動向

2022年4月に診療報酬改定がございます。
それに際して、2021年6月に「経済財政運営と改革の基本方針2021」が閣議決定されておりますが、2022-24年度予算では、社会保障関係費の伸びは「高齢化相当分」に収めることが示唆されており、ドラスティックな変動はないかもしれません。

しかし、各方面見渡した時に、”2024年”を意識したお話が散見されており、2025年前の医療・介護ダブル改定まで見据えていくことが必要と思われます。

この度は、2024年に向けた提言をいくつかピックアップし、今後の整形外科クリニックの経営を考える上で必要なことをお伝えしてまいります。

「リハビリ改革」の重要性

日本慢性期医療協会の武久洋三会長と橋本康子副会長が、7月15日の定例記者会見で「リハビリ改革」の重要性を説いております。
https://gemmed.ghc-j.com/?p=41650

2024年の診療報酬改定に向けた、「リハビリ改革」における主な提案は、
(1)包括評価の推進
(2)疾患別リハビリ料の点数格差解消
(3)効果評価における「FIM評価」から「BI評価」への移行
(4)「20分1単位」という縛りの柔軟化
(5)急性期入院中の「可動性確保」に向けた取り組みの推進
といった点です。

病院でのリハビリ視点で述べられていることが多いですが、
診療所の場合に起こり得ることとしては、

維持期リハにおいて、
・算定日数超えのリハビリは、マルメになる?
・(維持期における?)疾患別リハビリの点数は、廃用のリハビリ点数を基準になる(呼吸器以外は下がる)
・身体機能、生活機能において「能力(できるかどうか)」が再び重視される?

ということです。
要は、算定日数内で治療が完了でき、患者さんの回転が良いクリニックさんが有利になっていくということかと考えます。
あくまで、日本慢性期医療協会の提案に過ぎませんが、頭の片隅に置いてく必要はありそうです。

報酬改定の引き下げの可能性

全国介護事業者連盟の斉藤正行理事長が、7月28日に開催されたオンラインセミナーで、2024年の介護報酬改訂での大幅な引き下げを示唆されました。
https://www.joint-kaigo.com/articles/2021-08-02-2.html

コロナ禍での財政悪化による財源圧縮を予測されてのものですが、単純に介護事業云々ではなく、同じ保険サービスとして、対岸の火事では済まない可能性があります。

介護のテーマは、
①科学的介護→LIFEの導入が整備されつつあるが、ビックデータ収集のための限定的な対応か?
②ICT化→導入ハードルは高いが、せめて自施設では推進というか慣れは必要
ですが、

医療は、ベッド数と外来機能のコントロールと漠然としています。
ベッド数は急性期から、回復期や地域包括ケア病棟への転換が目立ちますが、外来機能はどうなっていくかは不透明です。
ただ、「不必要な医療」の淘汰は為されると予想されますので、必要以上の期間(頻度というより)の診療を整備することが必要と思われます。

医療保険の領域では、何かをしてプラスにするというより、「余剰整理」がテーマになりそうです。例えば、ひとりの患者さんに長期間リハビリに通わせてしまっている場合は、リハビリの卒業タイミングのすり合わせをする必要があると思われます。

今回は、「2022年ではなく、2024年のダブル改定を見据えて押さえておきたいこと」についてお伝えしました。
今後、ますます競争が激しくなる整形外科業界において、より良い診療・治療を患者さんに提供でき、地域に頼られるクリニックづくりの一助となれば幸甚でございます。

たった3年で医業収入1.2億円から2.8億円を実現!圧倒的リハビリ拡大型クリニックを自宅からオンラインで視察しましょう!

本セミナーは、

医療法人社団日輝会 うなやま整形外科 理事長 宇南山賢二 氏

にご登壇頂き、単院でのリハビリ拡大クリニックとしての圧倒的地域一番になるまでの軌跡をお話頂きます。

STEP 01 開業医としての理事長の想い
STEP 02 運動器リハの立ち上げの時期
STEP 03 理念を明確にして、マネジメントを強化した時期
STEP 04 通所リハや訪問リハを強化した時期
STEP 05 今後目指すこと

各フェーズにおいて、整形外科クリニックの経営における重要ポイントをお伝えいたします。

多くの整形外科の院長・理事長が頭を抱えていらっしゃる
整形外科経営における事業継承についても講座にてお伝えいたします。

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/076556/

運動器リハビリの充実に際して、お悩みの先生につきましては、無料経営相談を承っております!是非お気軽にご相談ください!

船井総合研究所では、整形外科クリニックの長期的な業績アップを見据えて、無料の経営相談を実施しております。
60分ほどお時間を頂き、クリニックのお悩みや今後の目標を照らし合わせて、ご相談を承ります。
ご希望が合うようでしたら、継続した支援により、先生方が目指すクリニックづくりのお手伝いにも対応いたします。

無料の経営相談だけでもどうぞお気軽に、是非この機会にご検討下さい。
より良い医院となるための一助となれば幸いです。

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/byoin-clinic-keiei/inquiry-form.html

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

先森 仁

プロフィール詳細

前職では、理学療法士として疾患・医療介護問わず幅広い臨床経験、修士課程でのフィールドワーク・研究活動経験を活かし、“現場の課題をしっかり把握・分析し、早期に業績・利用者満足度の向上をします。
特に、整形外科クリニックを中心に、リハビリテーション科の稼働率アップ、教育体制の構築、運動療法の充実および通所リハビリの立ち上げ→稼働率アップを行ってまいります。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

 //それ以外の場合

デジタル化戦略レポート