【立地は心がときめくか?】

2019年09月12日 (木)

科目:
総合

先生、こんにちは。
株式会社船井総合研究所の田中晋也です。
https://bit.ly/2Gbdszs
https://amzn.to/2RptVBq

【「クリニック開業 虎の巻」の購読はこちらから】
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/byoin-clinic-keiei/mailmagazine-02.html
船井総研医療ニュース無料メールマガジン「クリニック開業 虎の巻」
開業に必要な考え方やノウハウをお送りしていきます!

今回のテーマは「立地」です。

先生がクリニックの開業を決めたとき、まずはどこで開業しようか?と
考えると思います。

船井総研では、競合と差別化するための大切な要素として
「差別化の8要素」というものを提言しています。

そして、差別化の8要素の中で、最も重要視しているのが「立地」です。

立地は差別化指数がもっとも高く、一度その場所で開業すると、
なかなか別の場所に移るのが難しいですから、どこで開業するかは
とても重要なのです。

クリニック開業のコンサルタントなどに相談すると、
一般的なクリニック経営の家賃比率は医業収入の6~7%と言われる
ことが多いと思います。

ですから、事業計画の医業収入の予測のもと、医業収入6~7%を目安
として、開業場所を探されることが多いと思います。

しかし、これは「頭」で考えるとそうなのですが、
ここ数年、私がお勧めしているのは別の視点、「心」の視点からも
考えてみたらいかがでしょうか?ということなのです。

心で考えるとは、
先生がその場所で開業して、心がときめくか?わくわくするか?
ということです。

今の時代はこの心がときめくか?わくわくするか?というのは
非常に重要です。

なぜなら、先生が心ときめく立地というのは、患者にとっても
ドクター、スタッフにとっても心がときめき、わくわくする立地
だからです。

何が言いたいのかというと、立地を間違えなければ、患者数は十分、
質の良い患者が集まりますし、今、だいたいのクリニックで
頭を悩ましている採用問題も一気に解決するということです。
つまり、良い立地が患者もドクター、スタッフも呼ぶ、引き寄せると
いうことです。

それを考えれば目安の数値を多少オーバーしても、
今後のクリニック経営を考えた場合は、敢えてリスクを冒すと
いうことも必要なのではないかと思うわけです。

例えば、私のお客様のクリニックでは立地を変え、拡張しただけで、
医業収入が1.5~2倍ぐらいになった。そして、何よりも
求人で悩まなくなったというクリニックが多くあります。

ですから、クリニックの開業場所を選定するとき、
先生には医業収入の6~7%が家賃という固定観念にとらわれる
ことなく、ご自身の心がときめくか?という視点も持って
クリニックの開業場所を選んでいただきたいと思うのです。

それでは、また。

【「クリニック開業 虎の巻」の購読はこちらから】
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/byoin-clinic-keiei/mailmagazine-02.html
船井総研医療ニュース無料メールマガジン「クリニック開業 虎の巻」
開業に必要な考え方やノウハウをお送りしていきます!

【執筆者】
株式会社船井総合研究所
医療グループグループマネージャー
シニア経営コンサルタント 田中 晋也
https://bit.ly/2Gbdszs
https://amzn.to/2RptVBq

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

田中 晋也

プロフィール詳細

「美容医療」新規参入&活性化専門のコンサルタント、日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー。
極力無駄を省き、最短距離で美容医療の集患・売上アップを成功させる「即時業績向上」コンサルティングに定評がある。
美容医療のメニューづくり・料金設定から、ホームページ・院内販促物製作、カウンセリング研修、接遇チェック、スタッフのモチベーションアップ、評価制度構築にいたるまで幅広くコンサルティング活動を行っている。
今までに美容医療活性化に関する相談件数はゆうに500件は超え、成功事例多数。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る