Withコロナ、ポストコロナの新規開業②

2020年05月20日 (水)

科目:
開業
コラムテーマ:
コロナ対策

先生、こんにちは。
株式会社船井総合研究所、シニア経営コンサルタント/心理カウンセラー/事業承継士の田中晋也です。
https://bit.ly/35vqtfG
https://amzn.to/2RptVBq

今回のクリニック開業虎の巻は、「Withコロナ、ポストコロナの新規開業②」と題してお送りいたします。

今回はWithコロナ、ポストコロナにおけるクリニックの立地戦略についてお伝えしたいと思いますが、まずはこちらをご覧ください▼

【Withコロナ、ポストコロナでビジネスパーソンの働き方はどう変わるのか?】
https://ameblo.jp/jiyushinryoconsultant/entry-12597159291.html

いかがでしたでしょうか?

Withコロナやポストコロナにおける都心のクリニックですが、今までとはかなり状況が変わってくると思います。

既にオフィスワーカーをターゲットにした商業ビルなどに入っているクリニックはかなり厳しい状況に追い込まれています。今、都心は在宅ワークをされている人が増えていますので、診療時間内、クリニック周辺の人口がかなり減っていますので、成り立たなくなってきているのです。

緊急事態宣言が解除されれば、少しずつ患者は戻ってくると思いますが、これからも在宅ワークをする方は増えていくと思いますので、オフィスワーカーをターゲットにしたクリニックは今後、かなり厳しくなっていくのではないでしょうか?あわせて、オフィスワーカーが多く利用しているターミナル駅にあるクリニックも今までより患者が減少していくと思われますが、競合クリニックの数は廃業・倒産しない限り多いままですので、今後厳しくなっていくかもしれません。

一方、ブログに書かせていただきましたが、
https://ameblo.jp/jiyushinryoconsultant/entry-12597159291.html

今後、時流の1つとして、都心から郊外へ人が徐々に流れていく可能性がありますので、これからクリニックの新規開業を検討される先生は都心よりも、都心から電車で1時間ぐらい離れた郊外で、今後人口の伸びが期待できそうなベッドタウンに開業される方が良いかもしれません。

具体的には現在、診療圏人口18~50万人ぐらいの中核市、特例市などのエリアです。このようなエリアで、今後人口が増えていきそうで、まだ競合が少ないエリアなら、駅前立地じゃなくても良いと思います。

また、そのような人の流れを見て、今後、拡大志向のある先生は分院展開よりも1拠点拡大を検討する先生の方が増えていくかもしれません。今後盛り上がっていきそうな郊外エリアの地域医療を包括するようなクリニック、地域医療の中核を担うようなクリニックや高度専門医療のクリニックで、診療圏を都道府県や全国に取れるようなクリニックが生まれて来るかもしれません。そして、こういうクリニックは遠隔診療を上手く活用したり、自動運転のインフラが整うにつれ、どんどんクリニックを拡大していくのではないでしょうか?

それでは、また。

追伸1
本メルマガは、もし、まわりにこれから開業を検討されているドクターがいらっしゃったら、是非勧めてあげてください。必ずあのときに本メルマガを紹介してくれて助かった!と、感謝されると思います▼
https://bit.ly/2UR9HF1

【執筆者】
株式会社船井総合研究所
シニア経営コンサルタント/心理カウンセラー/事業承継士
田中 晋也
https://bit.ly/35vqtfG
https://amzn.to/2RptVBq

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

田中 晋也

プロフィール詳細

「美容医療」新規参入&活性化専門のコンサルタント、日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー。
極力無駄を省き、最短距離で美容医療の集患・売上アップを成功させる「即時業績向上」コンサルティングに定評がある。
美容医療のメニューづくり・料金設定から、ホームページ・院内販促物製作、カウンセリング研修、接遇チェック、スタッフのモチベーションアップ、評価制度構築にいたるまで幅広くコンサルティング活動を行っている。
今までに美容医療活性化に関する相談件数はゆうに500件は超え、成功事例多数。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る