【クリニック開業時の初期投資で悩む先生への処方箋】

2021年06月24日 (木)

科目:
開業
コラムテーマ:
経営計画

先生、こんにちは。
株式会社船井総合研究所 シニア経営コンサルタントの田中晋也です。
https://bit.ly/35vqtfG
https://amzn.to/2RptVBq

今回のクリニック開業虎の巻は、「クリニック開業時の初期投資で悩む先生への処方箋」と題してお送りしたいと思います。

クリニック開業時にどれぐらいドクター・スタッフを採用しようかという「ヒト」への投資。土地・建物、家賃、医療機器・検査機器をどれぐらいにしようかという「モノ」への投資。

クリニックの開業を決められた先生はこれらのことでいろいろ悩まれると思います。

基本的な考え方としては、先生のミッション、ビジョンなどのやられたいことに合わせた投資ということになるかと思いますが、志の高い先生の場合、初めからミッション、ビジョンに見合った投資をするとなると資金が足りない。あるいはさすがに最初からそこまで投資をする勇気はないということになると思います。

そのようなわけで、大望をお持ちの先生は後々の拡大を見据えたとりあえずの投資からスタートし、徐々にクリニックを拡大していくという流れになると思いますが、たまに初めから大きな投資をして勝負に出たいという先生もいらっしゃいます。

そういう先生にお伝えしているのは、まず、先生の提供しようとしている医療・サービスは、

①地域のニーズがあるか?患者が十分に見込めるか?
②診療圏内において、先生の提供する医療・サービスに強みがあるか?
③診療圏内において、②の医療・サービスは他の医療機関でやっていないものか?

この3つの条件を満たしているかどうかを先に確認して、大きな投資をするかどうか決められた方が良いということです。

もし、これら3つの条件を満たしていない場合は初めから大きな投資をするべきではないと思います。

ハイリスク過ぎます。

ただ、上記3つの条件を満たしており、先生に大きな志があるなら成功する可能性はありますので、反対はいたしません。初期投資はかかりますが、後で少しずつ拡大していくよりもトータルコストは安くなりますし、成長のスピードは早くなるでしょう。

本当は地域のニーズがあるのに、スペースの問題で投資を躊躇し、チャンスロスしているクリニックの何と多いことか・・・。

先生が開業されようとしているクリニックが①②③の条件を満たしているか?もし客観的な意見を聞いてみたいという方は、お気軽に弊社、医療経営コンサルタントにご相談ください。

それでは、また。

追伸1
クリニック開業、クリニック経営全般の「無料経営相談」のお申込みは今すぐコチラから▼
https://bit.ly/35vqtfG

追伸2
【無料進呈!クリニック新規開業でスタートダッシュできる!魔法のシート5選!】

この度、クリニックの新規開業コンサルティングで実際に船井総研の医療経営コンサルタントが使用し、大きな成果を上げている5つのシートを厳選し、無料でご提供させていただくことになりました。

①クリニック成長の仕組み図
②クリニックのミッション、ビジョン、バリューシート
③ビジョンの数値計画シート
④クリニック5つの戦略シート
⑤クリニックのスタッフ求人広告シート(新規開業時)

これからクリニックを新規開業の予定があり、スタートダッシュされたい先生は今すぐこれらのシートをダウンロードし、ご活用ください▼
https://bit.ly/3kVQvPN

【執筆者】
株式会社船井総合研究所
シニア経営コンサルタント
田中 晋也

同じテーマで記事を探す

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

 //それ以外の場合

デジタル化戦略レポート